日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 粉ミルクで育つと左利きに!?

粉ミルクで育つと左利きになりやすい!? 米研究者「母乳期間の長さで利き手が決まる」との新説公表

イメージ画像

 世の中の約9割は右利きだといわれている。そのため、左利きは生活上、いろいろと不便なことが多い。子どもが左利きだとわかると、右利きに“矯正”してしまう親も少なくない。

 その一方で、芸術の世界ではレオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ、ピカソ、科学の世界ではニュートンやアインシュタイン、サッカーの世界ではマラドーナやメッシなどが左利きで有名で、いわゆる“天才”が多いといわれている(実際はあまり関係ないらしく、アインシュタインなどは両利きだったという説も)。

 そのため、創造性ある子どもにするために、右利きの子どもをわざわざ左利きにしようと“矯正”する親も中にはいるらしい。

 しかしそもそも、なぜ右利きのほうが多いのか、一定の割合の人が左利きになるのか、明確な要因はまだわかっていない。

 そんな中、新たな説が発表された。それは、生まれてから母乳で育てられた期間によって、利き手が決まるというものである。

 米ワシントン大学の研究者が発表した論文によると、6万組以上の母子を調査した結果、粉ミルクで育てられた赤ん坊と母乳で育てられた赤ん坊を比べると、“右利き以外”になった人数は、母乳期間が1カ月以下では9%減り、1~6カ月では15%、6カ月以上では22%減っていたという。ここでいう“右利き以外”には、左利きだけではなく両利きも含まれている。

 つまり、母乳期間が長い赤ん坊ほど“右利き以外”になる人数が少なかったというわけである。ただ、母乳を9カ月以上続けていても、“右利き以外”になる人数にそれ以上の減少は見られなかったという。

 この結果からわかるのは、もし子どもを左利きにしたいのなら、なるべく母乳期間を短く、左利きにしたくないのなら、少なくとも6カ月は母乳で育てれば、その確率が高くなるということである。

 ただし、利き手の矯正を無理強いすることは子どもの脳に大きなストレスがかかるといわれているので、自然のままに育てるのが一番だと思うが……。

最終更新:2019/01/25 21:00
関連キーワード

粉ミルクで育つと左利きになりやすい!? 米研究者「母乳期間の長さで利き手が決まる」との新説公表のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真