日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ガリガリガリクソン「会社辞めたい」

ガリガリガリクソン「会社辞めたい」ツイートの余波……吉本の契約事情は?

吉本興業公式サイトより

 お笑い芸人のガリガリガリクソンが、Twitterで「会社辞めたい」のフレーズを連投し、話題となっている。ガリクソンは2017年5月に飲酒した状態で単独事故を起こし、無期限謹慎処分を受けていたが翌18年6月に復帰している。

 ガリクソンはこの直前に行われた『R-1ぐらんぷり2019』予選に替え玉を出場させ2回戦で落ちている。『R-1』は昨年度1回戦を突破している場合は、2回戦から出場可能となるため、実質的な初戦敗退といえる。

 愚痴はガリクソンの芸風のひとつといえるが「会社辞めたい」は切実な言葉だといえそうだ。だが、ガリクソンの所属する吉本興業の芸人は、そもそも契約関係があいまいなことで知られる。

「明石屋さんまやダウンタウンクラスであっても、きちっと契約書を交わしたことがないといった話はよく言われていますからね。さらに、営業仕事などはマネジャーが直接取ってくることがあり、ギャラをフトコロに入れているといった話もあるほどです。ナインティナインは新人時代、『営業のギャラがまったく入って来ずケンタッキーだけだった』というエピソードを話していますね」(放送作家)

 吉本興業と所属芸人の関係としては、キングコングの西野亮廣がうまい例えをしている。

「芸人は一人一人がフリーランスで、吉本興業はマネジメントを代行する代理店という位置づけですね。それならば自らが代理店が売り出したくなるような商品になるよう芸風を作ってゆく意識も芸人側に生まれるでしょう。実際にキングコングは西野は絵本作家、梶原はYouTuberと自由に自らを売り込んでいます。ただ、吉本興業の取り分は会社9、タレント1ともいわれており手数料を9割取る代理店はなかなかないでしょう」(同)

 吉本興業が、あらゆる意味でシビアな場所なのは確かなようだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/01/26 06:00

ガリガリガリクソン「会社辞めたい」ツイートの余波……吉本の契約事情は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真