日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 「ゲンダイ」嵐の電撃スクープ裏舞台

嵐の活動休止発表より前に……お見事!「日刊ゲンダイ」電撃スクープの裏舞台

 国民的グループ・嵐の衝撃の活動休止の裏で“勝ち誇っている”のが、夕刊紙「日刊ゲンダイ」だ。

 昨年12月24日付「日刊ゲンダイ DIGITAL」で「20周年真っ最中…嵐・ 櫻井『解散するから』の現実味」という記事を掲載。それによると、昨年11月に櫻井が東京・銀座のクラブラウンジに、慶応時代の友人たちと合流。酒が進むにつれ、どんどん冗舌になった櫻井が「嵐はもう解散するから」「1月以降はスケジュールも入っていないから」と言い放ったというものだった。

 結果、今月27日に嵐が活動休止を電撃発表。日刊ゲンダイは堂々「本紙既報」と“勝ち名乗り”を上げた。

「ゲンダイは全くのノーマークでした。左寄りの政治記事ばかりが目立つもんで、つい……。ゲンダイ編集部内は『やばい、当たった』的なノリのようですが、お見事としか言いようがありません。もっとも、一部スポーツ紙と某週刊誌も昨年12月の段階で具体的な解散情報をかぎつけていたそうですが……」(ワイドショー関係者)

 ゲンダイ同様、まさかのメディアが特大スクープをかっ飛ばすことは、稀にある。

「昨年4月の、元TOKIO・山口達也のわいせつ事件ですよ。事件化する数カ月前に『実話ナックルズ』(ミリオン出版)が匿名報道しています。事件の詳細や背景もほぼ完璧で、早すぎたスクープといったところでしょうか。味をしめたナックルズは、その後も某実力派俳優のDV裁判疑惑を匿名で報じ、複数のマスコミが裏取りに走りましたが、こちらは特段動きがありませんね(笑)」(スポーツ紙記者)

 朝刊スポーツ紙や文春、新潮だけがメディアではない。ゲンダイやナックルズの“ひと刺し”も侮るなかれ、だ。

最終更新:2019/01/29 16:00
こんな記事も読まれています

嵐の活動休止発表より前に……お見事!「日刊ゲンダイ」電撃スクープの裏舞台のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...…
写真