日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐、活動休止で「ジャニ離れ」急加速

嵐、活動休止“電撃発表”でドラマ・映画界の「ジャニーズ離れ」急加速!

 芸能界に激震が走った。27日、嵐の5人が都内で会見を開き、2020年いっぱいでの活動休止を発表。所属のジャニーズ事務所は16年末に解散したSMAPに続き、看板グループを失うことになった。

 活動を休止する大野智以外の4人は、いずれも俳優としても活動しているが、今後、映画・ドラマの世界でも重用されるケースが減るのではないかと見られている。

 すでに複数のメディアで報じられているが、ジャニーズ事務所が今年に入り、長年取材NGを通達していた女性誌「週刊女性」(主婦と生活社)との和解を果たした。

「以前から関係が良好だった『女性自身』(光文社)、『女性セブン』(小学館)と差別化を図るためコンサートや会見はOKですが、特写やインタビューはまだNGだとか。ほかに『日刊ゲンダイ』も解禁になったそうですが、ジャニーズ側から和解を申し入れたようです」(テレビ局関係者)

 各民放テレビ局は、ジャニーズから独立した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾をいまだに起用せず。あからさまにジャニーズに対しての忖度を働かせているが、制作サイドでは“ジャニーズ離れ”が始まっているというのだ。

「以前はとにかく、『ジャニーズで客と数字を集めろ』と言われていましたが、Sexy Zoneの中島健人主演映画『ニセコイ』(18)が、配給が東宝だったにもかかわらず大コケ。その結果を突きつけられ、制作サイドの人間たちはすっかり目が覚めてしまいました」(民放キー局のドラマ班スタッフ)

 今クールでは、これまで“ジャニーズ枠”と言われていた日本テレビ系の土曜午後10時に坂口健太郎主演の『イノセンス 冤罪弁護士』が放送中。

 また、関ジャニ∞の錦戸亮主演の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』が初回2ケタスタートを切ったものの、早くも第3話で1ケタに転落してしまった。

「昨年10月クールでは、ジャニーズが1人も出ていない『今日から俺は!!』(日本テレビ系)が話題に。今クールでも、ジャニーズ不在の『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(同)が話題を集めています。また、公開されたばかりの注目映画『十二人の死にたい子どもたち』にも、ジャニーズは1人も出ていません」(芸能記者)

 今後、こうした“ジャニーズ離れ”が4人にも暗い影を落としそうだ。

最終更新:2019/01/28 19:30

嵐、活動休止“電撃発表”でドラマ・映画界の「ジャニーズ離れ」急加速!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真