日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 僧侶が女性のおっぱいをモミモミ!

悩める女性のおっぱいをもみもみ! 自称僧侶・占い師の性犯罪が相次ぐ

邪気を追い払うとして女性の裸体をなでまくった占い師は、逮捕された

 女性患者に麻酔薬を注射し、わいせつな行為をしたとして、愛知県蒲郡市のクリニック院長が準強制わいせつの疑いで逮捕されたが、中国では民間信仰を悪用して女性に性的暴行を働く事例が相次いでいる。

 徳の高そうな僧侶に言われるがまま、恥ずかしがりながらも着ている服をめくり上げる女性信者。僧侶は念仏を唱えながら線香を女性の胸の前で振り、それが終わると右手でナマ乳をモミモミ――。

 まるでAVのようなシチュエーションだが、これは中国で実際に起きた出来事だ。テンセントのニュースアプリ「快報」(1月27日付)によると、広東省肇慶市で女性の胸を数分間にわたって揉んでいたのは、自称“高僧”の劉。冒頭の行為は、胸の治療のためだという。この様子を何者かが撮影し、ネット上に投稿したことから事件が発覚。警察が動きだし、劉に対する聴取が始まっている。

 劉は、お供え用の花を販売する店と線香やロウソクを販売する店の2店舗を経営。とても高僧には見えないが、近所の人の話によると現在50歳で、体の不調を訴える人の治療を始めてすでに十数年になる。ただし、服を脱がせるようになったのはここ最近のことで、患者の心を落ち着かせるのが目的だというが、そんな言い訳がまかり通るわけがない。

 とはいえ、中国の農村部で行われている迷信による民間治療は、わいせつに該当する行為が少なくなく、取り締まるのが難しいと同メディアは伝える。なぜなら、多くの農民はそうした治療に対して疑問を抱くことがなく、高僧のひと言は医者の千言万語にも勝るからだという。

 確かにこうした事件は珍しくないようで、「搜狐」(2018年6月18日付)によると、雲南省楚雄市では、娘の病気について悩んでいた主婦の謝さん(31)が犠牲となった。占い師(50)に占ってもらったところ、「あなたの運気が悪く、娘は12歳まで生きられない」と言われた謝さん。解決方法を尋ねると、「邪気を追い払う必要がある」と、山中の家屋に連れ込まれた。そして占い師は念仏を唱えながら謝さんの体に線香をかざし、なんと彼女の服を脱がせ始めたのだ。全裸の謝さんをベッドの上に横たえると、1枚の紙を押さえつけ、頭から足まで全身を何往復もなで回したという。

 中国では「事実は“AV”より奇なり」なのかも!?

(文=中山介石)

最終更新:2019/02/02 16:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

悩める女性のおっぱいをもみもみ! 自称僧侶・占い師の性犯罪が相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真