坂口健太郎主演『イノセンス』大掛かりな科学実験しなくても、冤罪証明できる簡単トリックに愕然……

2019/02/02 14:00

『イノセンス~冤罪弁護士』公式ホームページより

(これまでのレビューはこちらから)

 坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』(日本テレビ系)の第2話が1月26日に放送され、平均視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

 前回から微増した同ドラマ。初回放送では「微妙」との声が多くあり、評判はイマイチの様子でしたが……。2話はどうだったんでしょうか?

 早速、あらすじから振り返っていきましょう!

■母子家庭というだけで起訴……元不良の冤罪をはらす!

 コンビニ強盗容疑で逮捕された十勝岳雄(山田裕貴)からの依頼を受けた拓(坂口)と楓(川口春奈)。岳雄は昔不良だったが、今は更生。料理人になろうと飲食店でバイトをしており、そんな息子が事件を起こすわけがないと母親である睦美(仙道敦子)は訴える。

 そんな中、岳雄は厳しい取り調べのせいで自白。拓と楓に、取り調べのことを話し、無実を証明して欲しいと依頼する。

 拓と楓は岳雄の無実を証明するべく、証拠を探していくと、証言と食い違う点をいくつも発見。裁判へと臨み、無事冤罪だと証明できた、というのが今回のストーリーでした。

最終更新:2019/02/02 14:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む