日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有安杏果がアイドルを辞め、勝ち組に

有安杏果、一般男性との交際を発表! “旧ももクロメンバー”で一番の勝ち組へ

有安杏果、一般男性との交際を発表! 旧ももクロメンバーで一番の勝ち組への画像1
有安杏果 公式インスタグラム(@ariyasu_momoka_official)より

 2月6日に元ももいろクローバーZの有安杏果がTwitterを更新。一般男性との交際を公表し、ネット上では驚きの声が上がっていた。

 Twitterに添付された直筆の文章で有安は、個人事務所「アプリコット」で活動していくことを報告。続けて「私は現在、一般男性の方と結婚を前提に交際をさせていただいています。この方は、医師としてこれまでも私の活動を親身にサポートをしていただいていた方であり、今後はアプリコットの代表としてお仕事の面でも支えていただくことになります」と綴っている。

 今年1月に活動復帰を宣言して注目を集めた有安だが、1カ月も経たないうちに交際を発表。それも交際相手は医師でありながら、事務所の代表を務めているという。また「Smart FLASH」で公開された記事によると、医師の年齢は“48歳”。取材を受けた音楽関係者は、「有名アーティストのメンタル面でのサポートを務めており、芸能界にも顔が広いお医者さんです。趣味は写真ということで、日大芸術学部写真学科を卒業した有安と意気投合したのではないでしょうか」と証言していた。

「突然の発表に困惑する人も多く、ネット上では『まさかの復帰で驚いていたら、48歳の彼氏がいて事務所の代表!? 色んな情報が一気に出てきてついていけない』『大事な復帰のタイミングで交際宣言するのが謎。ファンが離れない?』『有安杏果ヤバいな……』との声が。また『ファンを置き去りにしないでほしい』と嘆く人も少なくないようです。しかし彼女はもうアイドルではなく、“ももクロ”のメンバーでもありません。そのため『もう23歳なんだし、好きに恋愛させてあげようよ』『むしろアイドル時代の厄介なファンを振るい落とせてよかったと思う』との意見も寄せられていました」(芸能ライター)

 今後はアーティストとして活動していく有安。1月のツイートでは「音楽活動や写真活動などを通して表現し伝えていく」と語っており、“アイドルだった自分”と決別するためには良い機会だったのかもしれない。

「悲しみに暮れるももクロ時代のファンも多いようですが、『ももクロメンバーで一番の勝ち組なのでは?』という見方もあるようです。確かに交際相手は長年親しんだハイスペック男性で、仕事だけでなく精神面もサポート。そんな恵まれた状況で好きなことにチャレンジできるのですから、様々な縛りがあるアイドル活動より彼女の理想に近いのではないでしょうか」(同)

 今年3月には『有安杏果 サクライブ 2019 ~Another story~』が控えており、本格的にアーティスト活動を始める有安。今後も最愛の人と二人三脚で突き進んでいただきたい。

最終更新:2019/02/07 16:30
こんな記事も読まれています

有安杏果、一般男性との交際を発表! “旧ももクロメンバー”で一番の勝ち組へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真