日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 上田竜也「後輩しごき」でブレークか

KAT-TUN・上田竜也が熱血すぎる!? まさかの「後輩ジャニーズしごきキャラ」でブレークか

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

KAT-TUN・上田竜也

 お騒がせなメンバーも多いジャニーズ事務所の中で、過剰なまでの“熱血キャラ”でひときわ異彩を放っているのが、KAT-TUN・上田竜也だ。業界内では、そろそろ大ブレークしてもいいのでは……とささやかれている。

「現在、上田は放送中のドラマ『節約ロック』(日本テレビ系)で主演を務めていますが、その番宣でいくつかのバラエティー番組に出演して、そこでの“熱すぎるキャラ”が関係者の目に留まりつつあるようです」(テレビ局関係者)

 上田は2月3日、10日放送『ニノさん』(同)、10日放送『行列のできる法律相談所』(同)に出演し、自身のキャラを存分に発揮した。『ニノさん』では、なかなか浮上できずくすぶっている芸能人たちの悩みを聞くという企画で、くすぶり芸能人たちを一喝。『行列』では、ベッキーの不倫騒動をいつまでもいじる東野幸治をにらみつけ、「ベッキー、俺、いこうか?」と、ベッキーの代わりに東野に制裁を加えんとする場面もあった。

「東野の冷血キャラと上田の熱血キャラが上手く絡んで、素晴らしい流れになっていましたね。あの『行列』を見て、上田のバラエティーでのポテンシャルを感じた関係者も多かったようです」(前出・テレビ局関係者)

 上田は『炎の体育会TV』(TBS系)にもレギュラー出演しており、そこでは以前から熱血キャラを見せている。しかし、それが世間一般まで広く伝播するには至っていない。ある放送作家はこう話す。

「上田は、スキャンダルらしいスキャンダルもないし、真面目なキャラだし、テレビ的には使いやすいジャニタレのはず。でも、何人も脱退しているというKAT-TUNのスキャンダラスなイメージにかき消されて、なかなかチャンスが回ってこないという状況もあるのだと思います。ただ、ジャニーズ的にはあまりいないタイプだし、東京五輪に向けてスポーツ系の番組も増えるだろうし、今年は出番を増やすのでは」

 2020年で嵐が活動休止となり、その後継者として目されているのがKing & Princeだが、そこに上田を絡めるというアイディアもあるようだ。

「おそらく嵐の活動休止までにキンプリがプッシュされていくと思うんですが、世間的にはまだまだ新人という感じ。そこで“キンプリを育てる怖い先輩”といった立ち位置で、上田を起用すると面白くなりそう。以前、『体育会TV』でも、上田がキンプリの平野紫耀に激怒するというくだりがあったんですが、それが結構好評だったので、“後輩ジャニーズを厳しくしごくキャラ”で上田を使うというのもアリだと思います」(同)

“熱すぎるジャニーズ”上田竜也が世間に愛されるようになる日は、そう遠くないかもしれない。

最終更新:2019/02/14 08:00

KAT-TUN・上田竜也が熱血すぎる!? まさかの「後輩ジャニーズしごきキャラ」でブレークかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真