日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズの“オリキ”が怖すぎ

ジャニーズアイドルの“オリキ”が怖すぎる! 「海外まで追っかけ」「ファン同士で暴行騒ぎ」

文=平田宏利

ジャニーズアイドルのオリキが怖すぎる! 「海外まで追っかけ」「ファン同士で暴行騒ぎ」の画像1
Hey! Say! JUMP・岡本圭人

 Hey! Say! JUMPのメンバーで現在、ニューヨークに演劇留学中の岡本圭人の近況が一部メディアで報じられている。当初は岡本の夜遊びなどもウワサされていたが、現在は授業に真面目に出席しているという。ただ、彼を追っかけて日本からやってくるファンの行動は目に余るようで、学校の前にたむろって騒ぐ、学校の住所宛てで岡本へのファンレターを送るといった迷惑行為を繰り返している。あらためて一部のジャニーズファンのマナーの悪さが浮き彫りとなった形だ。

「ジャニーズの熱心なファン、いわゆる追っかけは『オリキ』と呼ばれています。これは力を入れるといった意味ですね。しかし、オリキにも『タクシーで追っかけをしない』『メンバーは掛け持ちしない』『深夜、徹夜の出待ちは禁止』といった内部ルールがあります。ほとんどのファンは守っているといわれますが、それでもルールを守らない『ヤラカシ』をする人間があとを絶ちません。留学中のジャニーズタレントを海外まで追っかけるのはさすがに『ヤラカシ』と言わざるを得ないでしょう」(業界関係者)

 ジャニーズファンの「ヤラカシ」はほかにもある。

「ジャニーズでもJr.メンバーは高額のギャラを稼いでいるわけではありませんので基本的に電車移動です。電車内で同じ車両に座るといったことは日常茶飯事のようですね。さらにマンションの敷地内まで侵入してくることもあります。過去にはジャニーズJr.の岩本照が『ヤラカシ』の言動に腹を立て、駅のホームでファンの女性を殴りつける暴行事件を起こしています。さらにファン同士でもルール違反を犯した人間に、暴行を加えるといった内輪揉めも起こしていますね」(同)

 まさに、お目当てのジャニーズアイドルのためならば人の迷惑を顧みない行為のオンパレードといえるだろう。海外にまで日本の恥部を広めるのは控えて欲しいものだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/18 08:00

ジャニーズアイドルの“オリキ”が怖すぎる! 「海外まで追っかけ」「ファン同士で暴行騒ぎ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

さらば・森田唖然「やっぱりFANZAや」

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

ギャスパー・ノエ監督が衝撃作誕生について語る

 映画史上もっとも悲惨かつ衝撃的な作品として、公開当時に大変な話題を呼んだのがフラン...
写真