日刊サイゾー トップ > 芸能  > SNSで告発された芸能人たち

B’z、クロちゃん、麻木久仁子……SNSで“告発”された芸能人たち

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

「B’z」オフィシャルウェブサイトより

 コミュニケーションツールとして有効なSNSは、不特定多数に向けてメッセージを伝えられるのが魅力。いっぽう“告発”ツールとしても利用されることが多く、芸能人も例外ではない。今年1月には、ロックバンド「B’z」が矢面に立たされている。

 B’zの公式サイトで「バンドサウンドを支えるサポートメンバーを一新」と発表されたところ、元ベース担当バリー・スパークスのインスタグラムにファンからコメントが相次ぐことに。するとバリーの妻が反応し、「10年サポートしたのにあっさり切られた」「尊敬や礼儀がなかった」などと言及。ファンから「B’zを見る目が変わっちゃったな」「なんかショック」「いきなり切られたらそりゃ愚痴りたくもなるわ」といった声が続出した。

 そこで今回は、B’zのようにSNSで告発された芸能人たちを紹介しよう。

 

●安田大サーカス クロちゃん

安田大サーカス・クロちゃんのオフィシャルブログより

 まずはお笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんから。クロちゃんといえば『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で放送された企画、「モンスターハウス」で文字通りのモンスターぶりを披露して話題になったばかり。その最終回を見届け、クロちゃんによるおぞましいLINE内容を明かしたのがタレント・菊地亜美だ。

 菊地は2018年12月更新のツイッターで、「全然懲りてなくて悲しいしん」と綴りながらスクリーンショットを公開。そのなかで「クロちゃんの悪い顔いっぱい出てた」とたしなめる菊地に、クロちゃんは「フッたあいつらが悪いしんよー!」と開き直り。さらに何度注意されても「ギャルを紹介して」としつこく迫り、呆れ果てた菊地が「もうクロちゃんは終わりだしん」と突きつけた。クロちゃんに了承を得た上で公開された内容とはいえ、クロちゃんへの猛批判が巻き起こったのは言うまでもない。

 

●麻木久仁子

麻木久仁子 オフィシャルブログより

 続いてはタレント・大桃美代子から告発された、タレントでコメンテーターの麻木久仁子。大桃は10年12月に、「今年嬉しかった事は、Twitterを始めて色々な方と出会えたこと。ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと」と直球ツイートを放っている。

 急きょ開かれた麻木の会見によると、離婚寸前かつ別居していたタイミングで相手男性のジャーナリスト・山路徹と交際がスタート。山路からも大桃との夫婦関係は終了していると聞いていたという。ネット上には「不倫はもちろんダメだけど、その告発方法もどうなのよって思う」「どっちもやってることスゲーなぁ……」「暴露されて困るような行動をしてる麻木さんの方が悪いでしょ」と様々な意見が飛び交った。

最終更新:2019/02/18 19:00

B’z、クロちゃん、麻木久仁子……SNSで“告発”された芸能人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真