日刊サイゾー トップ > 芸能  > 作品・芸能人を批判した芸能人たち

斎藤工「コーヒーの前に気持ちが冷めた」“作品・芸能人批判”を展開した芸能人3人

斎藤工 ブルーベアハウスより

 1月21日発売の月刊誌「映画秘宝」3月号(洋泉社)で、俳優の斎藤工がとあるポスターを批判して話題を呼んでいる。2018年の映画ベスト・ワーストを決めるコーナーで、作品名は伏せつつ「我慢ならない邦画のポスターがあった」と言及したのだ。

 斎藤は「登場人物がブロッコリーみたいに皆載っているデザイン性を無視したモノの下に、キャッチコピーとして“○回泣けます”と一言」とビジュアルを説明。「受取手の感情を(しかも回数まで)断定するなんて無礼」「この作品のタイトルじゃないけれどコーヒーの前に気持ちが冷めた」と綴っている。これは有村架純主演の『コーヒーが冷めないうちに』を指したものと思われ、ネット上には「これ自分も思ってたけど斎藤さんが言っちゃうのすごいよね」「ド正論で納得しかない」「斎藤工のこと超信頼できる」と賛辞が溢れ返った。

 今回は斎藤のように、芸能人や作品を批判した芸能人たちを紹介しよう!

 

●鈴木奈々

鈴木奈々 オフィシャルブログより

 まずは14年12月放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、「Kis-My-Ft2」の北山宏光をこき下ろしたタレント・鈴木奈々から。事の発端は、モデルのローラが北山を「舞祭組」メンバーと勘違いしたことだった。

 ローラは直後に「よく見たら全然カッコイイ」と訂正したものの、鈴木は「全然タイプじゃない」「すごい嫌いな顔なんです」と断言。さらに北山から“壁ドン”を受けると、「近くで見たほうがすごいブサイク」と斬り捨てた。鈴木はジャニーズファンから怒りを買いつつ、いっぽうで「鈴木VS北山のバトル面白いやんか」「ジャニタレ相手でも怖いものなしかよwww」「ここまで言っちゃう鈴木奈々、逆に嫌いじゃない」との声も上がっている。

 

●デヴィ夫人

デヴィ夫人 オフィシャルブログより

 お次は辛口コメントでお馴染みのデヴィ夫人。18年8月放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で「私、すごい苦手なんです」と名前を挙げたのが、スピードワゴン・小沢一敬だった。小沢は1日中ダジャレを言っていたそうで、デヴィ夫人は「全然面白くないんです。私にとっては拷問」とまで吐き捨てている。

 そんな因縁を持つデヴィ夫人と小沢が、同年12月放送の『踊る! さんま御殿!!』でまさかの共演。小沢が司会の明石家さんまに経緯を説明しようとしても、デヴィ夫人が割って入り「とにかくキザがるんです」と容赦がない。小沢はダジャレについて「ノリで言っただけ」と釈明したものの、「お気に召さずその節は本当にすみませんでした」と謝罪するハメになった。

最終更新:2019/02/19 19:00
こんな記事も読まれています

斎藤工「コーヒーの前に気持ちが冷めた」“作品・芸能人批判”を展開した芸能人3人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真