日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 千原せいじが外国でやりたい放題!

千原せいじに大ブーイング!「お金、いらんよね」異国の地でやりたい放題……

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

千原せいじに大ブーイング!「お金、いらんよね」異国の地でやりたい放題……の画像1
吉本興業 公式サイトより

 2月26日放送の『世界の村で発見! こんなところに日本人』(テレビ朝日系)では、千原せいじがアフリカのセーシェル共和国を訪問。相変わらずのコミュ力を見せつけたのだが、少々やり過ぎてしまい「ここまでくると図々しいレベル」と批判の声が上がっている。

 この日せいじはいつも通り、異国の地・セーシェル共和国に滞在している日本人を探索。手あたり次第現地の人に聞き込みをし、とある超高級ホテルにいることを突き止めた。実は今回探している日本人は“マサミさん”という名前で、このホテルの総支配人。彼を見つけたせいじは「日本から離れた所で生活してる人に会いに行く番組でね、こんにちは」「やっぱり“襟つき”や」と服装をイジり、一気に距離を詰めていく。

 さらに翌日改めて取材をすることになったのだが、せいじは「今日、ホテルに泊めてくれたらええと思うんですけど……」とマサミさんをチラ見。「大丈夫だと思います」と快諾するマサミさんに、せいじは「お金払う?」「お金、いらんよね」と尋ね、無料で泊めてくれることになった。

「このやり取りにVTRを見ていたスタジオは『今の言い方は……』『いやらしいアレは』とドン引き。裏できちんとした交渉が行われた上での“演出”かもしれませんが、視聴者からも『失礼すぎて見てられない』『まずタメ口の時点で無理』『超高級ホテルの総支配人に“タダで泊まらせろ”はないわ』『仕込みだとしても見てるこっちが恥ずかしくなる』と批判の声が上がっています。これまで同番組で数々の現地人と打ち解け、“コミュ力のお化け”などとも称されているせいじ。『この番組で千原せいじのこと見直した』という人も多かったのですが、今回はせっかく上がった株を下げてしまったようです」(芸能ライター)

 一歩間違えば“図々しい”と言われてしまうせいじのコミュ力だが、彼の大胆な距離のつめ方は、さまざまな“奇跡”を巻き起こしてきた。

「以前千原ジュニアは、世界的なポロボクサーであるマニー・パッキャオの試合を観に行ったエピソードを披露。それによるとせいじは、試合後にノリでパッキャオが宿泊するホテルを訪れたそうです。当然セキュリティーに止められたのですが、せいじは偶然やってきた“お偉いさん”と打ち解け部屋に案内されることに。さらにパッキャオは寝ていたのですが、『起こしてきたらええやん!』と周りの人に頼み、ツーショットを撮ることに成功しました」(同)

 その他「ロケの最終日にマサイ族の人々がせいじを先頭に列をなすようになった」など、多くの伝説を海外で作ってきたせいじ。日本人の常識からはかけ離れてしまうこともあるが、彼の言動こそ世界で通用する“コミュ力”なのかもしれない。

最終更新:2019/02/27 19:00

千原せいじに大ブーイング!「お金、いらんよね」異国の地でやりたい放題……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

菅義偉内閣では何も期待できない

今週の注目記事・第1位「菅義偉『親密企業』が...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真