竹内結子の大爆死ドラマ『QUEEN』不快感減退も、相変わらず「語る価値なし」

2019/03/14 20:00

フジテレビ系『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』番組公式サイトより

 竹内結子主演のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』も大詰めとなった7日放送の第9話。視聴率は6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低空飛行が続きますが、これまでとはずいぶん旗色の違う仕上がりになっていました。

 イヤな部分、悪い部分は前回までのレビューでさんざん書き散らかしてきましたので、今回はちょっといい部分の話をしたいと思います。振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

まず、あいかわらず撮影○

 撮影は終始、よいです。初回、2回目あたりは物語がひどすぎたので、浅めの被写界深度やシャレオツなレイアウトすら「うぜえ」という感じでしたが、今回はひどくなかったので素直に「シャレオツやん!」と思いました。

 センター低めに人物を置いて都会のビル群をボカす感じとかね、よかったですね。

あと、竹内結子○

 美人。

やっぱり、あんまりいい部分がない。

 見ていて不快感こそ大幅に減退したものの、やっぱりそんなに評価する部分はないなぁというのが正直な感想です。

 今回は竹内演じる氷見弁護士の過去を明らかにしつつ、仲良しこよしだった同僚の与田ちゃん(水川あさみ)との決裂があったり、それなりに迫力のある回だったのですが、どうにも乗れませんでした。

 ここまで、ほとんど語られてこなかった氷見の過去の情報を一気に出す、という「説明」の作業と、最終回に謎を残すための「伏線張り」の作業が同時に行われるので、忙しくて謎に興味を持つところまで至りません。また、そもそも氷見という人物に魅力を感じられるような作品でもなかったので、彼女が職場を辞めようが、過去に何か影があろうが、別にどうでもよくなってしまっている。それでも竹内結子は存在感を放っていましたが、今回はその竹内の出番も少ないので、なんだか1時間ドラマを見た気がしないのです。

 制作側としては、氷見をあえて出さないことで渇望感と謎感を煽る狙いでしょうし、その分、物語の推進力で乗り切れると思ったのでしょうが、ちょっとそれは無理があるなぁと感じました。何しろ1~8話と今回の9話はほとんどつながってないので、急に竹内結子があんまり出ないドラマが始まって、何も解決されないまま終わった感じ。もしかしたら9話と次回の最終回を合わせて2時間にして、それで映画だったら満足感があったのかもしれません。

最終更新:2019/03/14 20:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む