日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「アパ不倫」の魅力とは?

袴田吉彦&柳沢敦に続き、後藤真希も……芸能人にも大人気「アパ不倫」の魅力とは?

アパホテル道玄坂

「週刊文春」(3月14日発売号/文藝春秋)が報じた、元モーニング娘。の後藤真希(33)の不倫騒動。後藤は13日、自身のブログで不倫の事実を認め謝罪したが、夫は不倫相手に330万円の慰謝料を求める裁判を続行するという。この騒動をめぐっては、夫からのモラハラやDV疑惑も取り沙汰されているが、それ以上に注目を集めたのが、元国民的アイドルらしからぬ後藤の“庶民っぽさ”だ。

 裁判所に後藤が提出した陳述書には、不倫相手とアパホテルで関係を持っただけでなく、ららぽーと豊洲で映画鑑賞し、また別日にはビッグエコーでカラオケ、錦糸町のラブホテルに入ったことがつづられており、世の男性から「好感度が上がった!」といった声が多々上がっているのだ。

 アパホテルといえば、俳優・袴田吉彦の“アパ不倫”が記憶に新しい。袴田は2017年1月、グラビアアイドル・青山真麻との不倫が発覚。メンバーズカードを所有し、コツコツとポイントをためるほどのヘビーユーザーで、青山とは約10回ホテルへ行き、うち7回はアパホテルだったという。

 また、18年6月には、元日本代表のストライカーで、Jリーグ・鹿島アントラーズのコーチを務めていた柳沢敦と、女性サポーターとの不倫が発覚。このときも、場所はアパホテルだった。

「アパホテルはビジネスホテルとシティーホテルの中間的な立ち位置で、繁華街に近く、コスパがいいため、不倫カップルには使い勝手がいいホテルなんです。特に〈西麻布〉は六本木駅から20分ほど歩き、周りはコンビニくらいで人目につかないため、おすすめです。また、〈新宿御苑前〉も見つかりにくい場所に加え、大浴場があるので人気が高いんです。袴田さんの不倫騒動で、アパホテルが逢瀬の“定番”となったことは間違いないですね。もしかしたら、後藤さんのお相手も影響を受けたのかもしれません(笑)」(芸能記者)

 近年は訪日観光客の急増で成長著しいアパホテルにとって、こうも立て続けに不倫場所として報じられるのは心外だろうが、インバウンド景気が去った後は、この路線でいくのもありかも!?

最終更新:2019/03/22 21:00
こんな記事も読まれています

袴田吉彦&柳沢敦に続き、後藤真希も……芸能人にも大人気「アパ不倫」の魅力とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真