ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第103回

断崖絶壁の火サスの街で食べる謎の定食って……

2019/03/28 20:00

この魚は何?具の正体は!? 嵐とサスペンスの天丼定食

 

 断崖絶壁の岩肌に、太平洋の荒波が砕け散る。その波しぶきに顔を洗われ、一歩踏み出そうとした足が怖じ気づいた……。サスペンス劇場で事件が起きるには、絶好の場所である(笑)。

 ここは北茨城にある風光明媚な温泉地・五浦の街。数軒のホテルや民宿が点在する海辺の街には、射的屋もなければスマートボール屋も、もちろんストリップ小屋もない。あるのは、覗き込めば吸い込まれそうな崖と荒ぶる海、そして、客が溢れている一軒の料理屋だった……。

 日曜日の昼前に到着すると、店の駐車場はすでに満車で、待ち客と思しき人々がたむろしている。

「えっ、こんなに混んでるの!?」

 予想外だったが、とりあえず順番待ちの受付をお願いしようと店に入ると、昼時の厨房も店内も、嵐のようにてんてこ舞い。高校生のバイト少年が両手にお盆を持ち、呆然と入り口に立ち尽くす筆者に向かって言った。

「入れるのは1時間くらい後になりますけど」

「ハ、ハイ、わかりました」

 素直にそう返事をしたその時、少年の表情が明らかに変わったのだ。

(1時間待ちだって言ってるのに、それでも食いて~のかよ!?)

 目をひん剥いて、驚いているように見えたのだ(笑)。

 女将と思しき女性が出してくれた表に、名前と電話番号と注文するメニューを書いて一旦店を出、待っている間に海でも見ようかと、近所を散歩したのが先出の写真である。

 しかし、バイト少年も驚いた、客がそこまでして食べたいものとはなんなのか? きっちり1時間後にスマホに着信があり、店に入るとすでに席には注文の品が用意されていた。そう、今日はこれを食べに来たのだ!

 丼にうず高く盛られているのは、もちろん天ぷらだ。テーブルからの高さ約30センチ。均一ではない複雑な形をした数種類の天ぷらを、石垣のように上手に組み合わせ、天まで届けと言わんばかりに盛っている。

 それにしても、上手に盛ったもんだと思ったら、裏側は丼の蓋を立てて天ぷらを支えているのだった。が、この時点で筆者はあることを確信した。

「こりゃ、完食はムリだな」

最終更新:2019/03/28 20:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む