日刊サイゾー トップ > 芸能  > 電撃・南部虎弾の“不死身伝説”

腎臓移植手術の電撃ネットワーク・南部虎弾の“不死身伝説”がスゴすぎる!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

腎臓移植手術の電撃ネットワーク・南部虎弾の不死身伝説がスゴすぎる!?の画像1
南部虎弾 公式Twitter(@nanbutorata)より

 電撃ネットワークの南部虎弾が、5月に腎臓移植手術を受けることがわかった。持病の糖尿病の悪化のため腎機能が低下しており、移植を行うという。

 電撃ネットワークといえば「牛乳を鼻から飲んで目から出す」「ドライアイスを口に含んで白い息を吐き出す」「クラッカーを口の中で爆発させる」といった過激なパフォーマンスで知られる。見た目のインパクトが大きく、言葉を必要としないため海外での活躍も多い。デーブ・スペクターによって名付けられた異名「TOKYO SHOCK BOYS」としても知られているが、数々の危険なパフォーマンを成し遂げてきた南部には、さまざまな不死身伝説がある。

「南部はもともとダチョウ倶楽部のメンバーでしたが、上島竜兵の家に電話をかけ『ビー玉を飲めるか?』と訊くなど、エキセントリックなキャラクターすぎるためメンバーを脱退。それでも『過激なパフォーマンスならば海外で受けるのでは?』とコンセプトを思い立ちメンバーを集めます。初期のころには、金魚を飲み込んで吐き出す『人間ポンプ』の進化系としてピラニアを使ったところ、出てこなくなってしまい『ケガをした』というと仕事が来なくなると思い、魚が胃壁に噛み付く激痛を我慢したそうです。その後、ビールを飲んだところ、血だらけの状態で出てきたそうです」(芸能関係者)

 こうした変人エピソードは、ほかにも存在する。

「ダチョウ倶楽部を脱退し、電撃ネットワークを結成する前に、大工のアルバイトをしていたところ、強風でパネルが頭を直撃します。病院で検査を受けていたところ、鼻水が出てきたと思いきや、髄液だったそうです。ただ奇跡的に異常なしで後遺症もなく現在に至っているそうです。もともと体はタフなのかもしれません」(同)

 これまで数々の不死身の活躍を続けてきた南部だけに、今度の手術も乗り越えて欲しいものだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/03/30 06:00
関連キーワード

腎臓移植手術の電撃ネットワーク・南部虎弾の“不死身伝説”がスゴすぎる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真