日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大橋未歩「打倒カトパン」に怪気炎!?

大橋未歩が「打倒カトパン」に怪気炎!? 『5時夢』に“エロ路線”大復活!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

大橋未歩が「打倒カトパン」に怪気炎!? 『5時夢』にエロ路線大復活!の画像1
TOKYO MX『5時に夢中!』番組公式サイトより

 元テレビ東京の大橋未歩アナが4月から情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)の8代目アシスタントに就任する。

 同番組といえば、マツコ・デラックスなど個性的なコメンテーターが多く、7代目アシスタントだった上田まりえも「下ネタ」の洗礼を受け、本人も「一つの原稿に『金玉』って言葉がたくさん入っている」と苦笑したものだった。

 女子アナウォッチャーは「大橋は適任」と言って大きな期待を寄せる。

「テレ東時代に大橋が放った“エッチ発言”は枚挙に暇がないほど。『ファーストキスは高校1年生のときで、観覧車の中』『バックはマンネリを防ぐために必要』『タンポンは苦手。あの紐がどこに行ったかわからなくなるから』『アンダーヘアは手入れしないで自然に任せています』『夜は(エッチOKのときは)ワンピースで、(NGのときは)スウエット』など、赤裸々に私生活を明かしています。民放のコンプライアンスが厳しくなっているなか、『5時夢』だけは攻めの姿勢を貫いていますから、新たな名言珍言が生まれるのではないでしょうか」

 裏番組ではニュース番組『Live News it!』(フジテレビ系)もスタートし、キャスターを務める加藤綾子との直接対決も注目だ。

「同じ事務所の雨宮塔子が『NEWS23』(TBS系)のキャスターを小川彩佳と交代する可能性が大きいだけに、大橋がしっかり穴埋めをしたいところ。四十路になって露出も抑え目ですが、エッチ発言だけでなく、彼女の代名詞ともいえるYC(ヨコチチ)も復活してもらいたいですね」(同)

 熟女となった大橋のエロ路線復活となれば、男性視聴者が流れる可能性もあり、加藤には強力なライバルとなりそうだ。

最終更新:2019/04/01 17:00

大橋未歩が「打倒カトパン」に怪気炎!? 『5時夢』に“エロ路線”大復活!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真