日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大橋未歩アナ、テレ東出禁のウワサ

大橋未歩アナ、古巣・テレビ東京に「出入禁止」のウワサ……ささやかれる“1年ルール”って!?

大橋未歩のインスタグラム(@o_solemiho815)より

 昨年12月にテレビ東京を退社し、現在はフリーアナウンサーとして活動している大橋未歩が絶好調だ。広告費の減少によって、民放各局は経費削減に努めており、行き場を失うフリーアナが続出する中、大橋だけは各局のバラエティ番組に引っ張りだこ。

「他局に比べてマイナーなテレ東では、人気女子アナの輩出はなかなか困難なのですが、大橋は持ち前のキュートなルックスと巨乳、共演する芸人の下ネタにも動じない“バラエティ対応力”で、テレ東の女子アナとしては異例ともいえる全国区の人気を誇っていました。それを考えれば、現在の活躍は当然といえば当然です」(スポーツ紙記者)

 マイナー局だった古巣の自虐ネタを披露するなど、各局の番組で活躍する大橋だが、一方でテレ東からは出入禁止が出されているとのウワサが出回っている。実際、フリー転身後の大橋は、テレ東の番組に出演していない。

「古巣の内情を暴露していることも不興を買っているそうですが、テレビ業界に暗黙に存在する“1年ルール”を破ったことが一番大きな理由だと言われています」(同)

 民放のアナウンサーは独立後1年は、育ててもらったお礼の意味も込めて、在職していた局の番組だけに出演するという業界のルールだ。確かに、2016年にフジテレビを退社したカトパンこと、加藤綾子も17年に日本テレビの『しゃべくり007』に出演するまで、フジ以外の番組には出ていない。だが、大橋の出入禁止説を否定する声もある。

「かつてはそうしたルールがあったかもしれませんが、今はそこまで厳格ではないのでは。元TBSの田中みな実は退社の翌月からフジの『ニュースな晩餐会』でMCを務めましたが、干されることなく、TBSで『有吉ジャポン』や『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』に出演していますからね。加藤が1年間、フジへの義理を守ったのは、フリー転身後すぐに『スポーツLIFE HERO’S』のMCを用意されたことが理由でしょう」(週刊誌記者)

 そもそも、大橋が古巣のテレ東と関係を悪化させるような振る舞いをするはずがないという。

「大橋は2015年に元ヤクルトスワローズの城石憲之と離婚後、翌年にテレ東の社員男性と再婚していますからね。テレ東との不仲なんて考えられないでしょう。そもそも番組制作費が潤沢でないテレ東に、フリーアナの大橋が出演できる余地なんて、それほどないはず」(同)

 一方の大橋としては、“女子アナ30歳定年説”が叫ばれる中、賞味期限が切れたとも言える39歳での独立。容色が衰える前にできるだけ多くの番組に出演して、自身の評価を決定づけておきたいだろう。ルールの有無にかかわらず、1年なんて待ってられない、というのが本音ではないか。

最終更新:2018/09/11 17:00

大橋未歩アナ、古巣・テレビ東京に「出入禁止」のウワサ……ささやかれる“1年ルール”って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

前代未聞の対決を描いたU-NEXT配信作品3本

 コロナ過の中、今年のGWは3度目の緊急事態...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真