日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 生焼け豚肉を食べた18歳男性が死亡

脳内には白いツブツブがびっしり……生焼け豚肉を食べた18歳インド人男性が死亡

死亡した男性の頭部MRI写真。白い米粒のような物体が寄生虫による嚢胞だ

 米マサチューセッツ内科外科学会が発行する医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に3月28日に掲載された報告書によると、インドの首都ニューデリー近郊にある大学病院に、18歳の男性が運ばれてきた。男性はてんかんを起こし、その後、意識を失ったという。

 家族の話によると、男性は数週間前から股間の痛みを訴えており、医師による初期診察では、男性の右目が腫れ、右の睾丸にも異常が認められた。

 そこでMRI検査を行ったところ、脳の至るところに無数の嚢胞(のうほう)が見つかった。写真を見ると、米粒のような白い影が頭部全体にびっしりと写っているのが素人目にもわかる。

 男性は神経嚢虫症とみられ、豚肉に寄生するサナダムシなどの寄生虫の幼虫が、脳の神経系統に侵入し、てんかんを起こしたものと診断された。

 豚肉の寄生虫は、肉に十分火を通せば死滅するが、生食したり、よく火が通っていないまま食べると、E型肝炎や食中毒を引き起こす危険性がある。

 サナダムシ以外にも、有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)、旋毛虫といった、名前を聞いただけで気味が悪い寄生虫に感染する恐れもあり、日本では食品衛生法により、豚肉や豚の内臓を生食用として販売・提供することは禁止されている。

 病院の医師団は、嚢胞の炎症を悪化させる可能性がある抗寄生虫薬の投与はやめ、一般的にはアレルギーや関節炎、皮膚角化疾患の治療に使われるステロイド系抗炎症薬の使用を決定。さらに、抗てんかん薬も投与された。

 しかし、治療のかいなく、男性は数週間後に死亡した。

 日本でも2016年に千葉県の男性が禁止されている豚肉の生レバーを食べてサナダムシに感染する事件があったが、こういった危険性もあることは十分知っておく必要があるだろう。

最終更新:2019/04/03 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

脳内には白いツブツブがびっしり……生焼け豚肉を食べた18歳インド人男性が死亡のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が、愛妻と共に映画の感想を語り合う不定...…
写真