日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 福山雅治、主演ドラマを必死で宣伝

福山雅治、主演ドラマ『集団左遷!!』を必死で宣伝 “コケたら終わり”と危機感抱いている?

福山雅治、主演ドラマ『集団左遷!!』を必死で宣伝 コケたら終わりと危機感抱いている?の画像1
TBS系『集団左遷!!』公式Twitter(@shudansasen_tbs)より

 福山雅治が主演を務めるTBS系ドラマ『集団左遷!!』が、4月21日にスタートする。福山がTBS系の連続ドラマに出演するのは1998年の『めぐり逢い』以来、実に21年ぶりとなる。

「看板ドラマ枠である日曜9時の放送ということもあり、TBSとしてもかなり力が入っているようです。福山も番宣に協力的なようで、『オールスター感謝祭’19』(6日放送)にも出演していました。まさか福山クラスの俳優が、生放送のクイズ番組に出るとは思ってもいませんでした」(テレビ局関係者)

『オールスター感謝祭』以外にも、ドラマ番宣のために『櫻井・有吉 THE夜会』などの番組にも出演する福山だが、是が非でも『集団左遷!!』をヒットさせたい理由があるのだという。

「年齢的なものもあるとは思うのですが、2015年に吹石一恵と結婚してから、明らかに人気が下がっている。吹石なんてイメージも悪くないし、結婚相手として文句はないはずなのに、やはり女性ファンに支えられている福山の場合は、プライベートの動きが人気を左右してしまうということで、意外とダメージが大きかった。そんな中で、もし今回の『集団左遷!!』がコケたら、いよいよ福山も終わりか……という雰囲気になってしまう。福山本人も、そういう危機感を抱いているのだと思います。だからこそ、必死に番宣をしているのでは」(同)

 今回福山が演じるのは、銀行の支店長。福山主演作では珍しい“ビジネスモノ”のドラマとなっている。

「いまだに福山というと『ガリレオ』(フジテレビ系)のイメージが強いという現実があって、本人としても少々もどかしく思っているのではないでしょうか。最近はテレビ界的にもビジネス系ドラマが好調ですし、50代を迎えたところで、役者として次なるステップを模索しているのかもしれません」(同)

 かなり気合が入っている福山だが、業界的には、そんな気合が逆効果にならなければ……との心配の声も。

「福山は日本でもトップの役者。そんな福山が一生懸命宣伝しているとなれば、『どれだけ面白いドラマなのだろう?』と、ハードルがどんどん上がっていくわけです。でも、テレビ離れが進む今、そんなに高い視聴率なんて期待できない。仮に12~13%くらいのそこそこな視聴率でも“大コケ”なんて叩かれてしまうかもしれないということです。福山としては、宣伝すればするほど、自らにプレッシャーをかけているような状態ともいえます」(同)

 どうにか結果を出したということで、ある意味、大きなばくちに打って出ているともいえそうな福山。ドラマがコケて、本人が“左遷”されるなんてことにならなければいいが……。

最終更新:2019/04/09 08:00
こんな記事も読まれています

福山雅治、主演ドラマ『集団左遷!!』を必死で宣伝 “コケたら終わり”と危機感抱いている?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真