日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡辺えり“熟年離婚”に関係者安堵

渡辺えりの“熟年離婚”に、舞台関係者が「よかった」と安堵のワケ

渡辺えりの熟年離婚に、舞台関係者が「よかった」と安堵のワケの画像1
「シス・カンパニー」公式サイトより

 劇作家で女優の渡辺えり(64)が、俳優の土屋良太(51)と離婚していたことがわかった。所属事務所の公式ホームページで「ご報告」と題し「夫婦として、演劇を愛する者同士として、結婚から今日まで、23年という長い年月を共に過ごし、互いに支え合ってきました。そのすべてに心から感謝しております」とコメント。離婚理由や時期は不明だが「話し合いの末、このような結論に至りましたが、これからも演劇に携わる仲間として共に力を合わせ芝居創りを続けていきたいと思っています」としている。

 渡辺は自身が主宰する「劇団3〇〇(さんじゅうまる)」の劇団員だった土屋と出会い、96年に結婚。還暦を過ぎての離婚は寂しい部分もあるが、舞台関係者からは「土屋くんのことを考えれば、これでよかった。呪縛から解き放たれた」という声も聞かれる。

 実は渡辺は、知る人ぞ知る“弟子キラー”。舞台を中心に絶大な影響力を誇るため、狙った“獲物”は、キャスティングをエサに釣り上げるという。渡辺を知る芸能関係者の話

「土屋さんもそうだし、2013年に『週刊文春』(文藝春秋)で報じられた不倫相手の27歳年下の俳優・吉田侑生もそう。文春では『飼育』とまで書かれましたからね。彼女は昭和のプロデューサーみたいな人で、自分と“関係”を持てば“売り出してやる”というタイプ。いまだにアッチの方は現役バリバリで、体力作りのためのランニングは欠かしません」

 渡辺の“弟子”を経て巣立った俳優も多く、イケメン俳優のTや、元ワル俳優のUはその代表格。前出関係者は「業界では暗黙の了解です。厄介なのは、渡辺さんは酔うと、そうした弟子たちとの“行為”を暴露するんです。『Tとは相性が良かった』だの『Uはデカかった』だの……。当人たちは、たまったものではありません」と話す。

 ちなみに、数年前には“どストライク”だった松坂桃李に、関係者を通じて、自身の舞台やドラマへのキャスティングを持ちかけたが、「結構です」と一蹴されたという。

「マスコミは、もっと渡辺さんに関心を持つべき。エグい話が次から次へと出てきますよ」とは冒頭の舞台関係者。

 土屋との離婚も、きっと壮大なストーリーがあったのだろう。

最終更新:2019/04/10 12:00
こんな記事も読まれています

渡辺えりの“熟年離婚”に、舞台関係者が「よかった」と安堵のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真