松田優作の娘・ゆう姫がタメ口で……バラエティに初登場して話題になった芸能人たち

2019/04/11 19:00

ゆう姫 公式Twitter(@YJYmusic)より

 芸能人にとってバラエティ番組は、トークスキルを試される緊張の場所。それが“初めてのバラエティ”なら尚更だろう。今年1月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、音楽ユニット「Young Juvenile Youth(ヤング・ジュヴナイル・ユース)」のボーカル・ゆう姫が登場。彼女の独特な存在感が話題を呼んだ。

 ゆう姫は松田優作・美由紀夫妻の長女で、兄に俳優の龍平と翔太を持つサラブレッド。バラエティ初登場とあって、ネット上では「お母さんにソックリすぎやろ」「ちょっと千秋に似てる」と大きな注目を集めることに。またMCのチュートリアル・徳井義実がユニット名を読み上げると「ちゃんと読めた」と上から目線で驚くなど、たびたびタメ口が飛び出す姿に「なんでそんな態度デカいんだ?」「芸能界の上下関係ちゃんとわかってるのかな」と反感も買っている。

 今回はゆう姫のように、バラエティに初登場して話題になった芸能人たちを紹介しよう。

 

●細木かおり

「細木かおり」公式インスタグラム(@kaori_hosoki_official)より

 まずは「地獄に落ちるわよ」のフレーズで有名な占術師・細木数子の後継者、細木かおりから。彼女は数子のマネージャー兼アシスタントを経て、六星占術の継承者に選ばれた人物。今年2月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場して、バラエティ初出演を飾った。

 番組では数子の衣装を着用していたものの、「普段は絶対着ない」とバッサリ。また19歳でお見合い結婚したかおりは、相手男性の当初の印象について「おじん」と語っている。数子譲りの毒舌で、ネット上には「こりゃ間違いなく細木数子の後継者だわ」「ここまでキャラが似るもんなのか」といった声が続出。一方で高圧的な態度や高価なアクセサリーがマイナスイメージとなり、「こういう人の占いって信用できん」「威厳出そうとして逆に失敗してる感じ」と批判も相次いでいる。

 

●岡田隆之介

「岡田隆之介」公式Twitter(@nosuke_0120)より

 最後はお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右を父に持つ、俳優・岡田隆之介。彼がバラエティに初めて登場したのは17年8月放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、母親である岡田祐佳とそろって出演した。

 いきなり大御所の明石家さんまを相手にすることになった隆之介だが、「お笑いは全く眼中にないです」と断言。さらに「父を見ていると、こうはなりたくないなぁって」と明かして笑いを誘っている。ちなみに隆之介の妹は、モデルでタレントの岡田結実。隆之介は昨年9月放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演し、ゲームをしていたところ結実から「仕事しろよ金食い虫」と言われた過去を告白。そのひと言で「刺激を受けたというか、頑張らなきゃいけないと思った」と語っている。

最終更新:2019/04/11 19:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む