日刊サイゾー トップ > 芸能  > ついにSMAPイジりが完全解禁!?

SMAPイジりが完全解禁!? ファミマ×香取慎吾のキャンペーンが攻めすぎ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

SMAPイジりが完全解禁!? ファミマ×香取慎吾のキャンペーンが攻めすぎの画像1
香取慎吾 公式インスタグラム(@katorishingo_official)より

 4月15日に「ファミリーマート」が公式Twitterを更新。香取慎吾のプロデュース商品発売を発表したのだが、意味深な“伏せ字”にSNSなどでは「完全にSMAPを匂わせてきてる!」といった声が続出した。

 問題のツイートでは、「香取慎吾さんプロデュース商品4.21発売!」と告知。続けて「香取慎吾さんが商品をプロデュースしました! さて、『何の商品』でしょう」と呼びかけている。今回のキャンペーンの趣旨は、「#私のプロデュース商品予想」というハッシュタグと共に新商品予想をつぶやくというもの。そんな同ツイートには、商品予想のヒントとして「○○ッ○」と書かれた画像が添付されていた。

 これにTwitter上では、「コロッケじゃね?」「フラッペだといいなー」「大穴でリゾットとか?」「ナゲットだと思う」「香取慎吾プロデュースのプリッツとかあったら食べてみたい」とさまざまな予想が。しかし何よりも多かったのは、もちろんあの“グループ名”だった。

「正解はわかりませんが、SNSなどでは『絶対にスマップでしょ』『香取慎吾がいて“○○ッ○”なんて見せられたらスマップしか思い浮かばない』『ファミマ攻めてるなぁ』『これで“5色”のフラッペを販売したら一生ファミマについていく』といった声が。Twitter上では『スマップ』がトレンド入りを果たしていました。いまだに地上波のテレビ番組ではタブー視されている印象の“退所組”3人ですが、ファミリーマートはTVCMでも香取を起用。また『新しい地図』のファンミーティング『NAKAMA to MEETING_vol.1』で配布された『CHI-ZU CAKE』というお菓子も、後日店頭で販売していました」(芸能ライター)

 今回の件に限らず、最近はさまざまなところでSMAPについて触れる場面が多くなってきている様子。そのためネット上では、「そろそろジャニーズに忖度する風潮がなくなってきたのか?」などとも囁かれていた。

「香取、稲垣吾郎、草なぎ剛のインターネット番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)では、4月7日の放送回に爆笑問題がゲスト出演。太田光が3人に向けて『SMAPはまたやるだろ?』と直球な質問を投げかけていました。また地上波の番組でも流れが変わっているようで、『3秒聴けば誰でもわかるあなたの名曲ベスト100』(テレビ東京系)ではSMAPの映像を放送。一時期は歌番組でもSMAPの映像が不自然に切り取られていたので、大きな進歩といえるのではないでしょうか?」(同)

 逆境に立たされながらも、徐々に活躍の幅を広げている元SMAPたち。今後彼らの“地図”はどのように拡大していくのだろうか。

最終更新:2019/04/16 15:30

SMAPイジりが完全解禁!? ファミマ×香取慎吾のキャンペーンが攻めすぎのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真