日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > Jリーグ序盤戦を終え、分かれた明暗

元日本代表レジェンドが率いるチームが軒並み低迷……Jリーグ序盤戦を終え、分かれた明暗

文=TV Journal編集部

磐田と鳥栖に黄色信号!?

 そんな宮本監督よりも危険な状況に置かれているのが、ジュビロ磐田の名波浩監督だ。昨季同様にチームに上積みがなく、チーム戦術を見失っているようにすら映る。16位という数字は重く受け止めなければいけない。そういった意味では、17位のベガルタ仙台も渡辺晋監督が就任して6年目であり、過渡期なのかもしれない。

 18位のサガン鳥栖に至っては、降格筆頭候補になっている。韓国やイタリア式の守備的サッカーから、スペイン式の攻撃サッカーにかじを切ったものの、まったく機能せず。フロント周辺もバタついており、危険なにおいが充満している。

 ヴィッセル神戸も同様で、11位という悪くない順位につけているものの、名前のあるリージョ監督が辞任(参照記事2)し、結果のない吉田孝行監督に交代したが、果たして外国人選手たちがついてくるか?

「神戸の優勝は絶対にない。このままだと降格するのは磐田と鳥栖」

 サッカーライターたちは記者室で、そう語り合っていた。

(文=TV Journal編集部)

最終更新:2019/04/25 14:00
12

元日本代表レジェンドが率いるチームが軒並み低迷……Jリーグ序盤戦を終え、分かれた明暗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真