日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小室哲哉「会見の大ウソ」

globe・KEIKO、Mr.Childrenのライブを鑑賞で世間は確信? 小室哲哉「会見の大ウソ」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

globe・KEIKO、Mr.Childrenのライブを鑑賞で世間は確信? 小室哲哉「会見の大ウソ」の画像1
小室哲哉

 4月22日、globeのKEIKO(46)がTwitterを更新し、話題となっている。

 KEIKOは3月8日から約1か月半ぶりに「Mr.Childrenさんの、ライブに、行って来ました とても、心をうたれ、感動しました」とツイート。Mr.Childrenは4月20、21日に福岡ヤフオク!ドームでコンサートをしており、現在大分県在住といわれるKEIKOは福岡公演を楽しんだものと見られている。

 このKEIKOのツイートを受け、ネットでは「体に気をつけて下さい。無理せず1歩1歩進んで頑張ってほしい」「音楽に興味を示さないって言ってたけど、誰の音楽かにもよるんだね。元気になって何よりです」といった応援の声が続出。KEIKOは2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在はリハビリ中。3月のツイートではカラオケで歌を歌ったことを報告しており、回復に向かっているものと見られる。

 KEIKOの病状については、18年1月に夫・小室哲哉が不倫による引退会見の際、詳細を説明。KEIKOについて「今は小学4年生くらいの漢字のドリルをすごく楽しんでやる」「女性から女の子みたいな優しい笑顔、性格になった」と説明。「大人の女性としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきて」などと語っていただけに、ファンからは心配の声が上がっていた。また小室の会見でのKEIKOの病状についての発言に対しては、KEIKOの知人や親戚が「嘘ばかり」だと「週刊文春」(文藝春秋)に告発するなど、波紋を呼んでいる。

「文春の記事によると、KEIKOさんは1人で買い物に行ったりカラオケをするなどの日常の行動がいろいろできるそうですよね。とはいえ、KEIKOさんの抱える高次脳機能障害というのは、病気や事故により脳が損傷し、機能に障害が起きた状態を指します。小室さんが言っていた“小4”や“女の子”という言葉がありますが、小4ともなれば買い物やカラオケに行くことはできますもんね。ケガのように目に見えて回復するものでもないですし、周囲は大変だと思いますよ」(週刊誌記者)

 KEIKOは17年から小室と別居しているといわれており、現在も大分県の実家で家族と暮らしているという話だが……。

「小室さんはいまだに不倫が騒がれた看護師と交際しているというウワサもあり、芸能界ではKEIKOさんとの離婚も間近なのでは、と囁かれていますよ。あんな騒動があって、なかなか修復は厳しいのかも。小室さんとどうなってもKEIKOさんにはまたあの素晴らしい歌声を聴かせてほしいですよね」(芸能事務所勤務)

 KEIKOの美声をまたステージで聴くことはできるのか?

最終更新:2019/04/30 06:00

globe・KEIKO、Mr.Childrenのライブを鑑賞で世間は確信? 小室哲哉「会見の大ウソ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

お市の方は家康と婚約していた?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真