日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田口淳之介の庶民的なベランダ

元KAT-TUN・田口淳之介容疑者の“芸能人らしからぬ”ベランダ! 愛の巣は○○優先か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

「FNN.jpプライムオンライン」より

 大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介容疑者(33)と女優の小嶺麗奈容疑者(38)の“愛の巣”が「芸能人の家には見えない」と話題となっている。

 厚労省関東信越厚生局麻薬取締部は22日、2人が住む東京・世田谷区内の自宅マンションを家宅捜査。部屋には乾燥大麻と吸引器具が無造作に置かれていたといい、日常的に使用していた疑いが持たれている。

「小嶺容疑者は田口容疑者のマネジャーを務めており、公私共に一緒に行動していた。ニュースでは3階建てのマンションのベランダが何度も映り、物干し竿には複数の洗濯物がブラ~ン。ジャニーズ時代はセキュリティ万全だった田口が、周囲から丸見えのベランダに洗濯物を干す様子には、かつてのスターの面影はありません」(芸能記者)

 ネット上では、「ずいぶん質素やな」「田口もっといいとこ住めよ、、、一般人のベランダやん」「夢を売る仕事の人には似合わないなと思った」「100均グッズのカゴが日に焼けてたりとかちょっと萌えたわw」との声が。

 また、物干し竿には服がかけられたハンガーが直接かけられており、ハンガー上部を洗濯バサミで止めることで、風で洗濯物がスライドしないよう防いでいたことから、「庶民的w」「これは乾いたらすぐにクローゼットにしまえて便利」「お母さんもやってた」との声も。

「このマンションにはドッグランやペットドアがついており、愛犬や愛猫をかわいがっていた2人は、セキュリティよりもペットとの生活を優先させたのでしょう。家賃は15~19万円程と見られていますが、田口はもう一軒、個人事務所のオフィスを借りている。独立時に引っ張ってきたKAT-TUN時代からのファンは次第に減ってしまったようですから、家賃を払うだけでも大変だったのでは」(同)

 2017年にレコード会社のユニバーサルミュージックと契約を結んだものの、売り上げ不振で翌年には契約を切られてしまった田口容疑者。ペットのための愛の巣は、ドラッグで現実逃避する場へと変わってしまったのだろうか?

最終更新:2019/05/24 17:40

元KAT-TUN・田口淳之介容疑者の“芸能人らしからぬ”ベランダ! 愛の巣は○○優先かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真