日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 山里にブサイク発言で女医が炎上

山里亮太に「ブサイク!」発言で物議……お祝いムードをぶち壊した人気女医が大炎上した顛末

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

山里亮太

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太と、女優・蒼井優の結婚会見で日本中がお祝いムードに包まれている。そんな中、ある産婦人科医の心無い一言が物議を醸しているようだ。

「情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)のコメンテーターを務める産婦人科医・宋美玄氏が番組内で山里に対し、『女性目線でいくと、私はちょっと、子どもの顔が心配な人は無理だな。』などと発言したんです。一瞬、スタジオの空気は凍り付いたが、司会の小倉智昭が『眼鏡取ったらいい男だと思う』と、すかさずフォロー。しかし宋氏は『“眼鏡取ったらかっこいい”っていうことはやっぱりブサイクはダメなのかなって』と続け、放送事故スレスレとなりました」(テレビ関係者)

 放送を観た視聴者は怒り大爆発。多数のネットユーザーが宋のSNSに押し寄せ、「患者さんに対しても内心は今回のような事を思って診察してるんじゃないかと邪推してしまいます」「産婦人科医が親の外見だけで子供が心配とか言うなんて人間性疑う」と、炎上騒ぎとなった。

 ここでやっと事態の重大さに気づいた宋氏は6日深夜にSNS上で謝罪。

「本日のとくダネで山里さんの外見について失礼な発言をしてしまい、山里さん、蒼井さんに大変申し訳なく思っています。(中略)表現力が伴わず視聴者の皆さまが不快となる表現となり申し訳ございません」「つい面白がって過激な表現となってしまいました」などと釈明。しかし、それでも炎上は止まらず、「まず2人に直接謝罪するのが筋では?」「本人不在の場合はいじりじゃなくて悪口」といった意見が連打され、鎮火する様子はない。

 歯に衣着せぬ発言で、女性人気も高かった宋氏だが、今回の失言は度が過ぎたようだ。

最終更新:2019/06/11 06:55

山里亮太に「ブサイク!」発言で物議……お祝いムードをぶち壊した人気女医が大炎上した顛末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真