ズバッと芸能人

まだまだ伸びしろアリ? ネオチャラ芸人・EXITが、ミキ&和牛を猛追!

2019/06/18 18:00

文=都築雄一郎
EXIT兼近大樹(撮影=尾藤能暢)

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あんなにテレビに出ているのか? その理由を、業界目線でズバッと斬る「ズバッと芸能人」。

「バイブス、いと上がりけりー!」「サイコー&ガーファンクル」「見逃したらあかんデーマンデーサンデー」……。隣で言われたらウザさ間違いなしの特に意味のない「チャラ語」を臆面もなく操り、金髪にダメージジーンズ、手首にジャラジャラアクセサリーという、これまたチャラそうなイメージの男といえば、兼近大樹(かねちか・だいき)をおいてほかにあるまい。

 相方・りんたろー。とお笑いコンビEXITを結成してわずか2年。『THE突破ファイル』『秘密のケンミンSHOW』『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)、『おはスタ』(テレビ東京系)、『さんまのお笑い向上委員会』『ネタパレ』(フジテレビ系)と各局からのオファーは引きも切らず、出るたびにSNS上で大きな反響が寄せられている。

 さらにその勢いで、ミキ、和牛、霜降り明星という、吉本の若手イチオシ芸人の背中を猛追する彼らの人気の背景に迫った。

チャラ男の先輩がもたらした「ビジネス・チャラ男」への温かい目

 所属する吉本興業のチャラ男芸人の“先輩”といえば、オリエンタルラジオの藤森慎吾が思い出される。「サンキューでーす!」「君かわうぃーね!」「〇〇しちゃいまショータイム!」など、似たような「チャラ語」を言葉巧みに連発し、コンビを再ブレークに導いた。

 だが、ほどなく「チャラ男」キャラは「ビジネス」であることが判明し、「藤森はチャラ男を演じている」ということが多くの人の共通認識となった。そこで視聴者にとっては「ビジネス“チャラ男”芸人」に対する免疫は藤森でついているだけに、EXITが現れても、すんなり受け入れることができたのである。 

 もちろん兼近の人気の秘密は、普段のキャラとのギャップだろう。りんたろー。が『DX』で語っていたことだが、彼はネタの出番直前に手首にアクセサリーを着け、本番が終わるとすぐ外し、小さな布の袋に大事に入れておくそうだ。また、恋愛バラエティ『ラストキス〜最後にキスするデート』(TBS系)に出たときは、ゆきぽよとキスをしていたが、女慣れしていないところも女性視聴者の心をくすぐったようだ。

人気記事ランキング

続きを読む