日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『集団左遷』緊張感のないフィナーレ

福山雅治が“正論おじさん”になっちゃったよ!? 緊張感のないクライマックス『集団左遷!!』第9話

せっかくの尾美としのりの名演が……

 同期の片岡から「若い行員たちのために、俺らが不正を止めないでどうするんだ」と責められ、梅ちゃんは「出向したことのない人間には分からないよ」と反論します。きれいごとだけでは生きていけない先行き不透明な時代です。家族を食べさせることもできませんし、老後のために2,000万円を蓄えることも不可能です。

 それでも、福山雅治演じる片岡はワイドショーで話題の“正論おじさん”のように「不正は許せない」と繰り返します。心根の優しく、それゆえに出世コースからは外れていたであろう梅ちゃんは、結局は横山派にとって命取りとなる秘密手帳を真山経由で片岡に手渡してしまうのです。

 ベテラン俳優・尾美としのりが味わい深い演技を見せた第9話でしたが、鮫島のあまりのアホっぷりが強烈すぎて、印象が薄れてしまったのが残念です。鮫島はやっぱり、詐欺師コメディ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の五十嵐が変装した仮の姿で、最終回にはダー子(長澤まさみ)が現われるんじゃないかと妄想してしまいます。『集団左遷!!』が『コンフィデンスマンJP』を上回る大ドンデン返しを見せてくれれば、この妄想イメージも払拭できるかもしれません。鮫島、期待しているよ。

 

原作本のラストは超ブラック!

 さて、福山雅治が会社に居場所のない“正論おじさん”化してしまった第9話の気になる視聴率は? 本部編がスタートした第7話が9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第8話が11.9%、そして第9話が10.1%。2週連続で二ケタをキープできました。これまでの全9話の平均視聴率は10.02%。薄氷感たっぷりですが、最終回でも10%をキープできれば、なんとか平均二ケタを死守することができます。

 紆余曲折ありましたが、次週はいよいよ最終回。原作本をほとんど無視している『集団左遷!!』ですが、ちなみに原作本のひとつ『銀行支店長』では主人公・片岡は異動先の支店で高額の投資詐欺に引っ掛かった責任をとって銀行を退職します。もうひとつの原作本『集団左遷!!』はもっと悲惨です。リストラ要員たちを束ねて懸命なサバイバルを試みた主人公・篠田部長は、副社長・横山の不正を暴くことができず、自暴自棄に陥って酒に酔って憤死を遂げます。原作本はどちらも苦い終わり方を迎えます。

 新しい時代を切り開くためなら犠牲はやむなしと考えるリアリスト・横山専務と“正論おじさん”化した理想主義者・片岡部長、最後に勝つのは果たしてどちらでしょうか? 最終戦の行方を見届けたいと思います。

(文=長野辰次)

最終更新:2019/06/17 17:00
12

福山雅治が“正論おじさん”になっちゃったよ!? 緊張感のないクライマックス『集団左遷!!』第9話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真