女芸人・横澤夏子の処世術がしたたか…大ブレークしなかったことで“タレント”として生き残る!

2019/06/24 17:59

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
横澤夏子

 渡辺直美、ゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤなど、特徴的なルックスの女性芸人が人気となっている昨今のバラエティー界だが、その一方でいつの間にか独自のポジションを確立していたのが横澤夏子だ。

「体を張ったり、ドッキリのターゲットとなったりする女性芸人が多い中、横澤は早い段階で“タレント”にシフトした成功例。今となってはネタを披露する機会も減って、なんとなく情報番組に出ているタレントさんといったイメージです」(テレビ局関係者)

 そもそもは、巷によくいる女性の“あるある系モノマネ”ネタでブレークした横澤。『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)や『THE W』(日本テレビ系)といったお笑い賞レースで決勝戦に進出するなど、結果も残している。

「ネタそのものは決してつまらなくはなかったのですが、先駆者的存在である友近や柳原可奈子と比べると二番煎じ、三番煎じ感が否めなかった。世間一般的にはキャッチーなんだけど、お笑い業界的にはイマイチという評価でした」(構成作家)

 そんな横澤は現在、『王様のブランチ』(TBS系)、『ノンストップ!』(フジテレビ系)などといった情報番組に多く出演している。

「ネタに対する評価がイマイチだということは、本人も自覚しているのでしょうね。気がついたら、女性芸人というより“女性タレント”という立場になっていた。ライバルとなるのは、指原莉乃やシェリーといったところでしょうか。

 ただ、そのあたりのタレントよりもギャラのランクが低いので、比較的使いやすいというメリットがある。若手の読者モデル系タレントよりは、絶対に面白い発言もするし、女性からの支持率も高い。女性タレントとしては相当有能なんですよね」(前出・テレビ局関係者)

 さらに、ブームとなった“ギャグ”がないのも横澤の強みになっているようだ。

「ギャグがあると、どうしても消費されやすい。人気が落ち着いたら、過去のものだと認識されて、番組にも起用しにくくなるものです。でも、横澤の場合は、代表的なギャグもなく、なんとなく売れてきたということで消費されにくい。同期のおかずクラブがほとんどテレビに出なくなっているのに、横澤がしれっと生き残っているのはそういうことです」(同)

 意外と地味な方が生き残りやすいバラエティー界。目立ってナンボのお笑い芸人とはいえ、目立ちすぎないくらいがちょうどいいのか。

最終更新:2019/06/24 17:59

人気記事ランキング

続きを読む