闇営業問題で吉本とナベプロの対応は何が間違っていたのか……事務所の評価に関わる”大きな代償”

2019/06/28 05:55

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
宮迫博之

 吉本興業は6月24日、振り込め詐欺集団のパーティーに“闇営業”として出席していた雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮ら芸人11人に対し、金銭の受領があったとして謹慎処分とすることを発表した。当初、宮迫や田村らは、金銭は受け取っていないと説明していたが、実際にはその説明が虚偽であったというわけだ。

「今回の騒動において吉本は報道が出るより前に、闇営業を仲介していたカラテカ入江慎也を解雇にしており、この対応は早かったと言えるでしょう。しかし、ほかの芸人については『反社会だとは知らなかった、金銭は受け取っていない』という説明で逃げようとしてしまった。この主張について、芸人たちが口裏を合わせたものなのか、あるいは吉本ぐるみでの隠蔽工作だったのかは分かりませんが、事態を甘く見すぎていたということは否めない」(ベテラン芸能記者)

 では、吉本はどういう対応をするべきだったのだろうか?

「安易に『金銭を受け取っていない』と弁明するのではなく、ひとまず不適切な行為があったことを謝罪したうえで、金銭受領の有無については『事実確認中』などしておくべきだったと思います。あるいは、金銭の受領の有無にかかわらず、反社会勢力のパーティーに参加したという事実に対するペナルティーとして、すぐさま謹慎処分でもよかったかもしれない。少なくとも虚偽の説明をするというのは言語道断です」(同)

 今回の騒動では、ワタナベエンターテインメントに所属するザブングルの松尾陽介と加藤歩の2名ても、同様に反社会集団のパーティーに参加していたとして、謹慎処分となった。

「最初に報じた『FRIDAY』(講談社)でザブングルの名前が出ていなかったということもあり、ナベプロはだんまりを決め込んでいましたが、吉本が参加者全員謹慎という処分を下した以上、スルーできなくなったという形。もしも、報道があった直後にナベプロがザブングルに対する重い処分を発表していたら、コンプライアンスを遵守する芸能事務所であると強く印象づけることもできたはず。しかし、ナベプロもまた後手に回ってしまったということで、むしろ“コンプライアンスを守ることよりも、都合の悪いことはスルーする芸能事務所”というイメージが付いてしまった。ナベプロもまた吉本と同様に、対応を間違ったと言わざるを得ないでしょう」(同)

 いずれにしろ、吉本もナベプロも相当に評判を落としてしまう対応であったことは間違いない。あるメディア関係者はこう話す。

「ここ最近は、不祥事があると当該タレントが出演していた番組や映画、CMなど、あらゆるものが差し替えになる時代。1回の失敗に対するリスクが大きいので、スポンサーもテレビ局もキャスティングにはかなり慎重になっています。

 また、不祥事そのものはもちろんですが、その後の対応のまずさで被害が広がるということも多い。そういう意味では、吉本さんもナベプロさんも残念ながら、適切な対応はできなかったわけで、“リスクが高い芸能事務所”だと言わざるを得ない。今後、キャスティングする際に、吉本さんやナベプロさんを避ける関係者も増えて来ると思います」(同)

 保身のためのちょっとした嘘の代償はあまりにも大きい。何かの不祥事やトラブルがあった際に、いかに迅速かつ適切に対応できるかが、芸能事務所の評価につながってくるのだ。

最終更新:2019/06/28 09:36

人気記事ランキング

続きを読む