日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 異端の松竹芸人、みなみかわを考察

みなみかわ、異端の松竹芸人。TKO木本らにも強心臓を貫いてブレイク果たす

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「TKO木本さんだけは笑いにできない」異端の松竹破壊芸人・みなみかわ語録の画像1
みなみかわ(松竹芸能公式サイトより)

 8月11日放送『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にて行われたのは、題して「今こそ絡み時な芸人SP コイツら仕上がってます!」。今回、「絡み時の芸人」として登場したのはTAIGA、バイク川崎バイク、5GAP、みなみかわの4組だった。

 正直言うと、この中でみなみかわだけはすでに売れている。ネクストブレイクが期待される芸人に混じり、彼だけはほぼブレイクしかけていると思うのだ。

TKO木本の“恋愛ゴシップ”(事実無根)を流布して激怒される

 みなみかわは松竹芸能所属、芸歴18年目の芸人だ。2005年に吉田寛とのコンビ「ピーマンズスタンダード」でデビューするも、2019年にコンビ解散。韓流あるあるを披露するピン芸「アイヒマンスタンダード」が話題になったこともあったが、ブレイクには至らなかった。

 そんな彼が近年名を上げたきっかけは、“松竹の悪口”、“事務所の先輩の悪口”だ。しかし、そんな彼にもアンタッチャブルはあるらしい。陣内智則が「(TKOの)木本さんの話したら嫌がるんですよ」と明かすと、「ほんま、木本さんの話だけはやめてください。木本さんはもうお笑いにできないんです」と途端に渋い表情になったのだ。

 以前は、そんなことはなかった。かつて、彼は事実無根の“ありそうなゴシップ”を作る遊びに興じており、その中の代表的なネタは「TKOの木本が森口博子と付き合っている」だったのだ。

 繰り返すが、架空のゴシップである。しかし、東京から大阪の芸人にそのゴシップを発信すると、巡り巡って2日で東京に噂が戻ってきて、ついには本人の耳に到達。木本にブチ切れられたというから、穏やかじゃない。他にも「よゐこ有野はアソコに真珠を入れている」「○○○○(有名俳優)はウンコが好き」といった架空ゴシップも流布しており、手がつけられない。

みなみかわはなぜシステマを習得したのか?

 現在、「悪口」という特異な方向から人気を獲得していったみなみかわ。だが、最初に知名度を上げたのはコンビ時代だ。相方・吉田から打撃を食らっても、ロシアの格闘技「システマ」による独特な呼吸法で痛みを感じない“システマ芸”でチャンスを掴みかけていた。

 なぜ、このような芸が生まれたのか? その経緯について明かされているのは、雑誌『KAMINOGE』vol.110(玄文社)における、みなみかわインタビューだ。

 ある年、松竹の忘年会に出席したピーマンズスタンダード。そこで吉田がベロベロに酔っ払い、店内でツバを吐き始めてしまった。みなみかわは吉田を外に連れ出したものの、相方がブチ切れてケンカに発展。結果、当時キックボクシングを習っていたみなみかわが吉田をボコボコにしてしまったという。すると、今度は吉田が柔術を習い始め、それを聞いたみなみかわは負けじとクラヴマガを習い出し、そうしたら吉田が総合格闘技を習うようになり、みなみかわがシステマを習い出した……という流れのようだ。

「システマをやり出したらあとはもう、っていう。何をやられても効かないし、ナイフの捌き方を知ってるので、刺されても大丈夫(笑)」(みなみかわ)

123

みなみかわ、異端の松竹芸人。TKO木本らにも強心臓を貫いてブレイク果たすのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

キャプテン渡辺が目を覚ます!

 空気階段の鈴木もぐら、岡野陽一、ザ・マミィ...…
写真