日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > フジ参院選開票特番は説得力なし

フジテレビの参院選開票特番がバラエティ化……MCが宮根誠司と加藤綾子では説得力なし!

文=田中七男

フジテレビ

 フジテレビが21日に投開票される参議院選挙の開票速報特番『Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP』(同日午後7時56分~深夜1時25分)のメインキャスターに、宮根誠司アナと加藤綾子アナを起用することがわかり、「選挙特番がバラエティ化する」と世の失笑を買っている。  

 同局で、宮根アナは日曜夜の情報番組『Mr.サンデー』を、加藤アナは平日夕方の報道番組『Live News it!』を担当しているとあって、自然といえば自然な人選といえなくもないが、この2人ではあまりにも、バラエティ、ワイドショー色が強く、「選挙特番には似つかわしくない」との声も多いようだ。また、番組出演者として、タレントの足立梨花が名を連ねているとあって、余計バラエティの臭いが漂ってくる。  

 民放他局の選挙速報特番MCは、日本テレビが有働有美子アナ、嵐・櫻井翔の『news zero』コンビ、テレビ朝日は富川悠太アナ、徳永有美アナの『報道ステーション』コンビ、TBSは『NEWS23』の小川彩佳アナ、『Nスタ』の井上貴博アナ、ホラン千秋のトリオ、テレビ東京は恒例の池上彰が務める。

 前回の国政選挙は2017年10月22日の衆院選だったが、フジでは開票が始まる午後8時台に村田諒太のボクシング中継を放送する異例の態勢を取ったが、同午後9時30分からの選挙速報では、宮根アナ、伊藤利尋アナ、宮司愛海アナの3人がMCを務めていた。

 宮根アナは14年の衆院選、16年の参院選でもフジで選挙特番の司会を担当していたが、さすがに報道に抜擢を受けたばかりの加藤アナとのコンビとなると、違和感を禁じ得ない。  ネット上では、「加藤じゃなくて、宮根と三田友梨佳アナの『Mr.サンデー』コンビでいいんじゃない?」「ほかに適任者がいるだろ? フジは国会議員を決める選挙の特番をバラエティ特番と勘違いしてる」「宮根と加藤じゃ真剣味出ない!」「自局に報道できるアナウンサーいないの?」などといった調子で、さすがにこのキャスティングは大不評のようだ。

 加藤アナは4月から『it!』報道を担当しているが、慣れない報道とあって悪戦苦闘中。局アナ時代に、選挙特番のMCに起用されたことなどまったくない。どうしても、宮根アナを選挙特番で使いたいなら、パートナーには三田アナを推す声が多い。三田アナも開票キャスターとして、選挙特番に出演するが、メインではない。

 宮根アナと加藤アナとのコンビでは、バラエティ色がかぎりなく強くなってしまうが、果たしてどれほどの視聴者が、このフジの選挙特番を選択するのだろうか?

最終更新:2019/07/12 17:55

フジテレビの参院選開票特番がバラエティ化……MCが宮根誠司と加藤綾子では説得力なし!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

 昨年から引き続き日本を席巻している筋トレブーム。パーソナルトレーナーは一般化し、N...
写真