日刊サイゾー トップ > 海外 > 芸能(トンデモ)  > あのブスドルが大躍進!

「史上最もブサイクなアイドルグループ」が大躍進! 新人賞に続き、初の全国ツアーへ!!

文=青山大樹

「VOGUE me」でモデルデビューを果たした3unshine(「環球網」より)

 これまで本サイトでは、中国のブサイクすぎる地下アイドル「3unshine」(旧・Sunshine)について何度かお伝えしてきたが(参照記事1参照記事2)、この数年で中国のアイドルブームは全盛期を迎えていることもあり、すっかり淘汰されたと思われていた。しかしここへきて、なんと大人気アイドルとして成功を収めつつあるというのだ。

「網易新聞」(7月18日付)は、「嘲笑の対象だった3unshineの逆襲が始まった」と、彼女たちの活躍について大きく報じている。3unshineは2015年に高校の同級生5人で結成。16年2月にCDデビュー後、2人の脱退を経て、現在は3人組アイドルユニットとして活動している。

 そんな彼女たちだが、その独特の容姿が原因で、デビュー当初から厳しい批判にさらされてきた。中国国営メディア「環球網」が「史上最もブサイクなアイドルグループのファンになれるか」という記事を配信するなど酷評が相次ぐ中、彼女たちはめげずに次々と新曲を発表。有名俳優を起用したPVなどが話題となり、同年12月に行われた音楽祭で新人賞を獲得。18年には、メンバー3人が主演を務めるラブコメドラマも人気を博した。

全国ツアーのポスター(「秀動」より)

 音楽やドラマで成功を収めた彼女たちは、モデルとしての活動も始める。同年4月には、人気ファッション雑誌「VOGUE」の中国版「VOGUE me」に3unshineの特集ページが設けられ、衝撃のモデルデビューを飾ったのである。この頃になると、彼女たちは再評価されるようになり、SNS上には「ブスカワという新たな分野の頂点を極めた彼女たちを応援している」「彼女たちの出てる雑誌全部買ったよ。めっちゃカッコいいよ」「彼女たちの美しさと才能は標準的な尺度では測れない」といった意見が多数上がった。

 そして今年9月からは、いよいよグループ初となる中国全国ツアーが行われることが決まり、5都市を巡ることとなった。さらにSNSでは、170万人ものフォロワーを獲得するなど、その活躍はとどまるところを知らない。日本で目にする日も近いかも!?

(文=青山大樹)

最終更新:2019/07/25 18:00

「史上最もブサイクなアイドルグループ」が大躍進! 新人賞に続き、初の全国ツアーへ!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真