日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 上原さくら、庶民派アピール必死

上原さくら、「セレブ妻だったのに」42歳の”庶民派アピール”は芸能界復帰の布石か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

上原さくら

 この春、大学を卒業したタレントの上原さくらが7月24日にブログを更新した。

 歯の治療でずっと柔らかいものしか食べられなかったという上原は、“久しぶりの固形物”と豪華なうな重に舌鼓を打ったそうだ。

 上原といえば、2011年に有名なイケメン社長A氏と結婚し、セレブな生活を送っていたが、わずか2年でスピード離婚。

 その後のブログでは、ファストファッションに身を包み、プチプライスなコスメや、頻繁にジャンクフードを食べている姿を投稿していたため、「この人、セレブ妻だったよね?」「テレビで見ないし、お金ないのかな」と、ネットユーザーからは心配の声が相次いでいた。

 この件について、芸能関係者はこう首をかしげる。

「離婚騒動後、一度は芸能界から離れたものの、現在はカラコンのイメージモデルなど、細々とした活動はあるようです。それに加えて、ブログ収入もあり、YouTuberとしても活動しているため、普通に裕福な暮らしができる収入は得ているでしょう。最近のテレビ番組は、セレブな生活をアピールするよりも、プチプライスを紹介する企画のほうが視聴者ウケが良いんです。もしかしたら、上原がブログで庶民派アピールをしているのは、芸能界完全復帰への布石なのかもしれませんね」

 42歳とは思えない可愛らしさを保っている上原、再ブレイクはあるか?

最終更新:2019/07/28 08:03

上原さくら、「セレブ妻だったのに」42歳の”庶民派アピール”は芸能界復帰の布石かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

千鳥・ノブの顔がやけにハマる?

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真