日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 楽しんごが犯人にメッセージ

闇営業騒動の裏で元吉本芸人・楽しんごが犯人にあてたメッセージとは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

楽しんご

 ここ最近、毎日のようにお茶の間を騒がせている、吉本興業の闇営業問題。人気お笑いコンビ・雨上がり決死隊・宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号・田村亮の両名のみ注目が集まっているが、それ以前に別の闇営業問題で吉本興業から解雇されていたのは、かつて大ブレイクしたお笑い芸人・楽しんごだ。

 謹慎する芸人が多い中、以前から飲食店経営や整体師業などの副業に精を出していた楽しんごは、目立たないながらも堅実に活動を続けている。そんな楽しんごが現在、とある犯罪に巻き込まれたようで……。

「7月31日、『僕の車にぶつけナンバープレートをもぎ取った犯人さん(中略)謝罪するなら今のうち 誠意があれば 許します。』というつぶやきとともに彼のツイッターに投稿されたのは、ナンバープレートをもぎとられた自身の高級外車の画像でした。これに対しネット民からは、『いやいや、謝罪より逮捕してもらいましょ』『楽しんごちゃん優しすぎ。好き』と、好意的なコメントが書き込まれています。以前はたびたび炎上していた楽しんごのツイッターですが、闇営業騒動以来、なぜか好感度を上げているようです」(芸能ライター)

 そしてこの事故の後も、楽しんごのツイッター上には、いつも通り男性との卑猥な行為を連想させる面白動画が投稿されていた。車は事故っても、到って本人は“平常運転”のようだ。

最終更新:2019/08/05 09:28

闇営業騒動の裏で元吉本芸人・楽しんごが犯人にあてたメッセージとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真