日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 退社しそうな”あの男性アナ”

フジテレビ・笠井信輔アナに続いて退社しそうな”あの男性アナウンサー”

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

フジテレビ

 フジテレビの笠井信輔アナウンサー(56)が9月30日付でフジテレビを退社することがわかった。同アナは昨年5月ごろから、フリー転身に向けて『とくダネ!』(フジテレビ)で共演する小倉智昭に相談。退社後の今年10月以降は小倉の事務所に所属する。退社に伴い、同番組は降板が濃厚、それ以外の番組は現時点で未定という。

「フジの看板男性アナの座は後輩の伊藤利尋アナに奪われ、年齢的に〝アナ定年〟となってもおかしくなかった。アナウンサーはしゃべってナンボ。会社から肩叩きされる前に退社することを選んだのだろう」とはテレビ関係者。

 同様にTBSでも退社がウワサされているのが、6月いっぱいで「アナ廃業」となった小林豊アナ(53)だ。

 6月29日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』では、アナウンサーとして「ニ度とマイクを持つことはないかと思います。本音を言うと、二度としゃべるかよTBS!」と不満をあらわにした。

「新たな配属先は今年新設された『総合マーケティングラボ』なる部署で、正直何をやっているのかよくわからない。TBSは7月1日の人事異動で大ナタを振るい、”パワハラ局員”が何人も飛ばされた。小林アナはどうかわかりませんが、異動に納得がいっていないのは間違いない」(TBS関係者)

 ほぼ同年代の笠井アナと小林アナは、アナウンサーとして「アクが強い」という共通点もある。決断や、いかに――。

最終更新:2019/08/05 09:26

フジテレビ・笠井信輔アナに続いて退社しそうな”あの男性アナウンサー”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真