日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 退社しそうな”あの男性アナ”

フジテレビ・笠井信輔アナに続いて退社しそうな”あの男性アナウンサー”

フジテレビ

 フジテレビの笠井信輔アナウンサー(56)が9月30日付でフジテレビを退社することがわかった。同アナは昨年5月ごろから、フリー転身に向けて『とくダネ!』(フジテレビ)で共演する小倉智昭に相談。退社後の今年10月以降は小倉の事務所に所属する。退社に伴い、同番組は降板が濃厚、それ以外の番組は現時点で未定という。

「フジの看板男性アナの座は後輩の伊藤利尋アナに奪われ、年齢的に〝アナ定年〟となってもおかしくなかった。アナウンサーはしゃべってナンボ。会社から肩叩きされる前に退社することを選んだのだろう」とはテレビ関係者。

 同様にTBSでも退社がウワサされているのが、6月いっぱいで「アナ廃業」となった小林豊アナ(53)だ。

 6月29日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』では、アナウンサーとして「ニ度とマイクを持つことはないかと思います。本音を言うと、二度としゃべるかよTBS!」と不満をあらわにした。

「新たな配属先は今年新設された『総合マーケティングラボ』なる部署で、正直何をやっているのかよくわからない。TBSは7月1日の人事異動で大ナタを振るい、”パワハラ局員”が何人も飛ばされた。小林アナはどうかわかりませんが、異動に納得がいっていないのは間違いない」(TBS関係者)

 ほぼ同年代の笠井アナと小林アナは、アナウンサーとして「アクが強い」という共通点もある。決断や、いかに――。

最終更新:2019/08/05 09:26
こんな記事も読まれています

フジテレビ・笠井信輔アナに続いて退社しそうな”あの男性アナウンサー”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真