日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 川谷絵音、愚痴るも「自業自得」

ゲスの極み・川谷絵音、幼少期の姿に愚痴をこぼすも「自業自得」の声が相次ぐ

ツイッター:川谷絵音(@indigolaEnd)より

 

 ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルの川谷絵音が公開した写真が話題を集めている。

 川谷といえば2016年1月にタレントのベッキーとの不倫が大々的に報じられ、バンド名も相まって「ゲス川谷」という愛称が定着。以降、芸能人の不倫が「ゲス不倫」と呼ばれるようになるなど大きな騒動を巻き起こした。

 そんな川谷だが、6日に自身のツイッターを更新し、「まだこの頃はゲス川谷なんて呼ばれるとは思ってなかったな」とぼやきつつ、幼少期の自身の写真を披露した。

 写真に写る幼い川谷はカメラに向かって笑みを浮かべつつ、足を広げて奇妙なポーズを決めており、お茶目な少年であることがうかがえる一枚となっていた。

 この写真に川谷のツイッターには、「かわいい、無邪気って言葉がピッタリ」「ゲス要素がない無垢な笑顔も可愛い!」 といった声が寄せられていたものの、ネットからは「ゲスいこと自分がしたから言われてるだけ」「ただの自業自得じゃん」「そりゃおっさんだろうが不倫男だろうが幼少期はみんな可愛いさ」といった呆れ声が飛び交っていた。

 さまざまな騒動を引き起こしてきた川谷。自分本位な発言に多くの苦言が集まってしまっていた。

最終更新:2019/08/10 01:00
こんな記事も読まれています

ゲスの極み・川谷絵音、幼少期の姿に愚痴をこぼすも「自業自得」の声が相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

“変態紳士”高嶋政宏、降臨!

   最近、ドラマや映画などで名演技を見せる高嶋兄弟の評価がうなぎ上りだ。2人とも5...
写真