日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 工藤静香、犬の散歩注意で裸足

工藤静香が炎天下の”犬の散歩”を注意喚起する仰天行動が物議に「道路で裸足になる意味は?」

工藤静香公式インスタグラムより

 工藤静香が8日、インスタグラムのストーリーズを更新し、その投稿内容が物議を醸している。

 工藤といえば先日、炎天下の犬の散歩について「日中は道路は50度を軽く超えている気がします」と火傷の危険性を説き、「この季節は必ず道路を手で触って愛犬の歩く道を確認しませんか?」と呼びかけ称賛の声を集めていた。

 工藤は翌日にも道路の上に手を乗せている写真を公開し、「この時間の犬の散歩は無しです」「2秒でも熱い。5秒で手の平がヒリヒリ今、水で冷やしています」と道路の暑さや真夏の犬の散歩に苦言を呈していた。

 そんな工藤の注意喚起はまだまだ続いている。この日、工藤は3度に渡ってストーリーズに更新。に一つ目の投稿には「虐待だと思った。この炎天下、足を引きずりながら苦しそうに歩いている犬を、飼い主が引っ張り引きずりながら歩いていた。なんか苦しい。」とコメントを添えた自撮りの写真を投稿した。

 その後の投稿では、道路の上を歩き、最後にはサンダルを脱ぎ裸足になる工藤が写っていた。しかし、こうした工藤の投稿にネット上には「言ってることは良いことだけどちょっとしつこい」「道路で裸足になる意味ある?」「直接散歩している人に注意すれば良いのでは?」「ここまでしなくても…汚いよ」「下品だな」などと呆れ声が飛び交っていた。

「さすがに連日同じような投稿ばかりしているため、批判の声が強まっていますが、それだけ工藤は本気ということなのかも。愛犬家としても、この連日の猛暑が気がかりなのかもしれませんね」(女性誌ライター)

 工藤の投稿を見て、ひとりでも炎天下の犬の散歩をやめる人が増えれば本望だろうか。 

 

 

 

最終更新:2019/08/10 00:00
こんな記事も読まれています

工藤静香が炎天下の”犬の散歩”を注意喚起する仰天行動が物議に「道路で裸足になる意味は?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真