日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > インパルス堤下、再ブレイクか

インパルス堤下、芸人として崖っぷちも”料理YouTuber”として奇跡の再ブレイクか

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インパルス・堤下敦

 芸能界では「YouTuber芸人」が新トレンドとなっている。先鞭をつけたのは『カジサック』ことキング・コングの梶原雄大。「19年末までにチャンネル登録者数が100万人を突破しなければ引退する」と宣言していていたが、みごとに引退危機を回避した。

 ほかにも政治問題に斬り込んだ動画が人気のオリエンタルラジオ・中田敦彦やキャンプ動画で注目を集めるピン芸人・ヒロシがチャンネル登録者ランキング上位に食い込んでおり、テレビ以外での活動が増えている。

 そこに、二度の交通事故を起こして芸能界を謹慎後、崖っぷちに立たされていたお笑いコンビ・インパルスの堤下敦も参入した。バラエティー番組で年収が150万円であることや、マッチングアプリに登録していることをバラされるなど、悲惨な現状ばかり映し出されていたが、どうやら風向きが変わってきたようだ。

「過去に飲食店で働いていたという料理好きの堤下ですが、以前から仲の良かったカジサックの動画内でいろいろなレシピを披露していたんです。それが人気を集め、登録者からのリクエストに答える形で、ついに『堤下食堂』という料理チャンネルを開設しました。動画はまだまだチープなもので、画質も粗く編集のテンポの悪さなどの改善点も多いですが、現時点でチャンネル登録者数は12万人超え。再生回数も68万回と、滑り出しは好調なようです」(芸能ライター)

 とはいえ、芸人YouTuberのライバルは多く、苦戦している人も少なくない。芸能界への生き残りをかけた堤下の料理チャンネルは、再ブレイクへの足がかりとなるか。

最終更新:2019/08/13 10:27

インパルス堤下、芸人として崖っぷちも”料理YouTuber”として奇跡の再ブレイクかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Aマッソ加納「新しいお笑いをやりたくてこの番組やってんのよ」…裏切りのオチ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

般若、ドキュメンタリー映画を語る

 般若。その名に恥じぬ気迫とキャリアを積み上げてきたラッパーは、人のマイクを勝手に奪...
写真