日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 岡村の堤下イジりに見る愛情表現

ナイナイ・岡村隆史「牛乳飲んだら……」インパルス堤下イジりに見る愛情表現

岡村隆史

 24日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)において、インパルス・堤下敦について触れられた。

 岡村はiPadで動画を見ようと思ったがパスワードを忘れたのとOSの更新をしておらず動かなかったエピソードを話した。これを受けリスナーから「インパルスの堤下さんもiPadminiを買ってパスワードを忘れて困っている」と報告メールが届いた。

 岡村は堤下がiPadを使っていることを憂慮し「大丈夫なのか。昔、一般人にキレとったやろ? ツイキャスかなんかで『うるせぇ、バカ、この野郎』みたいに言ってたやろ」と話し始めた。さらに「アカンで。牛乳飲んだら、あんなことになんねんから」とツッコんだ。

 これは岡村の堤下イジりの“お約束ネタ”といえる。堤下は17年6月に、スーパー銭湯で牛乳と一緒に睡眠薬や抗アレルギー薬などを飲み、意識がもうろうとしながらの運転で電柱に衝突。道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の罪で略式起訴されている。以来、岡村は「牛乳を飲んだからそういうことになった」とイジり続けているのだ。

 これは岡村なりの後輩堤下への愛情表現ともいえる。岡村の「牛乳飲んだらアカンやろ」に対し堤下の「牛乳はいいんです」は、もはや鉄板ネタとなり、昨年末に堤下が同番組に出演した際にもこのやりとりが見られた。昨年11月に『ナカイの窓』(日本テレビ系)で地上波のバラエティに復帰を果たした堤下だけに、今度はテレビの中で岡村から“愛あるイジリ”を受けたいところだろう。

 なお、この日の放送ではリスナーから報告を受けた堤下本人からもメールが届いた。活動を再開して3カ月近くがたつが、やはり仕事がなくヒマな状態が続いているようだ。吉本は芸人に対しての社会保障はほぼないといえる。先輩による後輩イジりが、芸能人として名前を消さないための保険として機能しているのかもしれない。

最終更新:2019/01/30 17:25

ナイナイ・岡村隆史「牛乳飲んだら……」インパルス堤下イジりに見る愛情表現のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真