日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉本芸人のどさくさ復帰に苦言

スリムクラブと2700のどさくさ復帰に苦言続出「ザブングルより早いとは」「無期限って何?」

吉本興業東京本社

「やっぱり吉本興業はダメだな」

 ネット上ではこんな声ばかり聞こえてきている。

 8月9日、吉本興業は反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、「闇営業」問題で、謹慎処分などになっている所属芸人11人について、8月19日をもって謹慎処分を解き、吉本が運営する劇場に復帰することを正式に発表。11人は今後も社会貢献活動を行っていくという。

 この11人は6月24日付けで謹慎処分になっていたが、わずか2カ月足らずでの復帰には異論が噴出。ネット上でも「お盆休みかよ」「え、もう?」「短っ」「早すぎだろ」との声が大半を占めている。

「吉本興業よりもよっぽど迅速で適切な対応をとっていた、ワタナベエンターテインメント所属のザブングルの謹慎期間でさえ8月いっぱい。彼らは吉本芸人がお家騒動でゴタゴタしていた間にも熊本でボランティア活動を行ったり、介護活動をしたりしていた。そんな彼らより先に吉本芸人たちが復帰することには、『ザブングルより早いとかありえない!』と、世間は唖然としています」(芸能ライター)

 そして、多くの人が納得いかないのが、スリムクラブと2700も、ちゃっかり一緒に復帰していることだという。

 というのもこの2組は、詐欺グループの忘年会に出席した件とは別に、まったく異なる反社会的勢カとの接触が6月27日に判明。同日中に『無期限謹憶』処分となっていたからだ。

「この2組については、相手が反社とわかっていた可能性もあり、だからこそ他とはわけて『無期限』とされていたはず。それがあっさり解けたことで、ネット上では『スリムクラブと2700は別だろ』『どさくさに紛れてスリムと2700も組み込んできやがった』『無期限謹慎ってこんなに早く解けるのか』と、吉本の対応を非難する声が連打されています。また、11人が会社に嘘をついていたのは間違いなく、線引きをするならそれを指示した雨上がり決死隊・宮迫博之とその他になるはず。会見をして反旗を翻したとはいえ、ロンドンブーツ1号2号・田村亮も11人側に入れないとおかしいでしょうね」(スポーツ紙記者)

 芸能界での「無期限」にはまったく“重み”がなくなってしまった今回の裁定。吉本興業にコンプライアンス遵守の意識は本当にあるのだろうか?

 

最終更新:2019/08/13 10:26
こんな記事も読まれています

スリムクラブと2700のどさくさ復帰に苦言続出「ザブングルより早いとは」「無期限って何?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真