日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  >  半沢直樹がまさかのキャラ変?

「倍返しNG」で半沢直樹がまさかのキャラ変? 堺雅人のこだわりで肩透かし続編の懸念

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

堺雅人

「倍返しだ!」はなくなる?

 2013年に放送された最終回が42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を記録し、平成の30年間に放送されたドラマで1位となる数字を叩き出した『半沢直樹』(TBS系)。その続編が2020年4月期に放送されることが決定している 。

「今回は池井戸潤の半沢直樹シリーズ『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』に基づく内容となっています。前作では、堺雅人演じる半沢が銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で幕を閉じました。続編では、その半沢が出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まります。主演の堺、演出の福澤克雄氏も続投。脚本はドラマ『下町ロケット』(同)や映画『七つの会議』(2019)などの池井戸作品を手掛けてきた丑尾健太郎氏らが担当するなど、鉄板の布陣です」(テレビ誌ライター)

 しかし、ここにきてドラマが“期待外れ”に終わる懸念が出てきているという。しかも、その不安要素は主演の堺自身にあるのだとか。

「そもそも、あれだけの大ヒット作の続編が7年も作られなかったのは、堺がひとつの役のイメージがつきすぎるのを嫌がったから。それもあってか、堺は続編に出演するにあたり、『キャラの変更』を条件にしたといいます。『半沢直樹』といえば『やられたらやり返す。倍返しだ!』が流行語大賞になったように、時代劇調の仰々しく大げさな言い回しが、視聴者に爽快感を与えていました。しかし、堺自身はそれを方々でものまねされるのをよく思っていなかったようで、今作ではクセを薄めて、自然な演技になるようにしようとしているそうです」(芸能関係者)

 待たされたぶん、視聴者の期待値も大きくなっているだけに、肩透かしとならなければいいのだが……。

最終更新:2019/08/13 21:00

「倍返しNG」で半沢直樹がまさかのキャラ変? 堺雅人のこだわりで肩透かし続編の懸念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真