日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ、手抜き仕事に呆れ声

浜崎あゆみ、新曲ゼロの新アルバムのジャケ写はフリー素材? やっつけ仕事が目に余る状態に

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

浜崎あゆみ

 浜崎あゆみが8月21日に配信限定でリリースするコンピレーションアルバム『ANIME & GAME SELECTION』が物議を醸している。

 このアルバムは、過去にアニメやゲームに使われた楽曲を集めたもの。新曲は収録されていない。

「今は聴き放題のサブスクリプションサービスが全盛で、過去の楽曲によるコンピレーションアルバムを出すくらいなら、プレイリストを作れば済む話。CDでコンピレーションアルバムを出すならコレクションアイテムにもなるし、まだ分かるんですが、それを配信限定で出してしまうというのがなんとも時代錯誤です」(音楽ライター)

 6月には「梅雨の時期に聞きたくなる楽曲」を集めた『RAINY SEASON SELECTION』を同じく配信限定でリリース。このときも、同様の批判は起きていた。

「あゆの楽曲がサブスクで配信されてないなら分かるんですが、この2作のコンピレーションアルバムも含めて、ほとんどの楽曲がサブスクで配信されている。その点でも、コンピアルバムを配信リリースする意味がわからない。これはもう、信者的ファンにダウンロードさせて、1円でもいいから売り上げを出したいという浅ましい意図しか感じられません」(同)

 また、『ANIME & GAME SELECTION』のジャケット画像についても“手抜き”疑惑が浮上している。

「渋谷の街並みのイメージ画像の上にあゆのシンボルマークがデザインされたジャケットなんですが、その渋谷のイメージ画像が著作権フリーで販売されている素材を使っている可能性が高いんです(苦笑)。商用利用OKの画像なので問題はないものの、クリエイティブな要素は皆無。とんでもないやっつけ仕事ですよね」(同)

 もはや新曲も出さず、手抜きのコンピレーションアルバムでお茶を濁すばかりのあゆ。たまに話題になったと思えば、エイベックスの松浦勝人社長との恋愛を告白した暴露小説くらいだ。

「残念ながら、あゆはすでに過去の人状態。業界内では、“これまで相当稼いだんだから、そろそろ休んでもいいのでは?”という声も多いです。仮に休んだとしても、あゆはエイベックスにとっての大功労者なわけだし、今と同じようなゴージャスな生活も続けさせてもらえるはずなんですけどね。

 それに、あゆが稼働するとたくさんのスタッフを動かさなければならないわけで、むしろエイベックス的には、あゆには引っ込んでもらった方がコストカットになって助かる部分もある。それでもあゆが全然休もうとしないのは、本人にまだまだやる気があるということなんだと思います」(音楽業界関係者)

 やっつけ仕事を繰り返すくらいなら、潔く引っ込むのがいいような気もするが……。

最終更新:2019/08/14 21:45

浜崎あゆみ、新曲ゼロの新アルバムのジャケ写はフリー素材? やっつけ仕事が目に余る状態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

中居がサンドに「ラジオつまんねえ」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真