日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 氷川きよしの始球式で観客騒然

氷川きよし、始球式に登場したビジュアルが”違和感あり過ぎ”で観客騒然

日本コロムビア公式サイトより

 8月8日に明治神宮野球場で開催された、東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース戦の始球式に登場した演歌歌手の氷川きよしのビジュアルに注目が集まっている。

 この日、明るい茶髪をふんわりと巻いたヘアスタイルに、“美脚”を露わにしたホットパンツのような短パンでマウンドに上がった氷川は、遠目からだとキレイな女性にしか見えないビジュアルだった。

 投球を終え、ホッと安堵して右手を胸に当てる仕草はまるで女性のよう。そんな氷川の違和感あり過ぎなビジュアルに観客からは驚きの声も上がっていた。

「2000年にデビューした当初の氷川は端正なルックスで、“演歌界のプリンス”としてオバサマたちの絶大なる人気を集めました。しかし、最近はそんなイケメン路線から雰囲気が変わったと、もっぱらの評判です。17年には人気アニメ『ドラゴンボール』の主題歌を担当したのですが、メイクを施したビジュアル系のような出で立ちで同主題歌をコンサートで歌う姿が話題になりました。年々、進化するビジュアルにファンからは戸惑いの声も漏れてきます」(スポーツ紙記者)

 氷川のビジュアルが取り沙汰されるのは、王子様を思わせる中性的な美形であるがゆえなのだろうが、氷川ならオバサマだけでなくオジサマも虜にできそうだ。

最終更新:2019/08/14 22:00
こんな記事も読まれています

氷川きよし、始球式に登場したビジュアルが”違和感あり過ぎ”で観客騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真