日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『Iターン』ムロのキャラ変の意味

『Iターン』ムロツヨシのキャラ変に隠された意味

 

 8月9日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第5話。今回のクライマックスは、黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知によるアカペラの熱唱と、鈴木愛理のガチ泣き、そしてムロツヨシに起こった緩やかなキャラ変だった。ストーリーに動きがなかったと思われがちだが、実はエンディングに重要なポイントが隠されていたのだ。

第5話あらすじ ムロの部下2人が初恋に破れて泣く

 竜崎組の様子を探る岩切組の桜井勇一(毎熊克哉)たち。彼らは、青葉銀行支店長の瀬戸川達郎(手塚とおる)と関東のヤクザが一緒にいるところを目撃する。後からやってきた岩切猛(古田新太)は、「この街、乗っ取られるで」と危機感を抱いた。

 一方、宣告社の阿修羅支店に突如、上司の高峰博之(相島一之)が訪ねてきた。高峰は狛江光雄(ムロツヨシ)に「青葉銀行に営業に行け」と厳命するのだ。

 その日の夜、部下の吉村美月(鈴木愛理)に相談を持ちかけられた狛江。自分が告白されるのかと思いきや、美月は同僚・柳直樹(渡辺大知)への恋心を打ち明けてきた。すると、柳がスナック「来夢来都」のホステス・めぐみ(森田望智)との同伴で店に入ってくる。美月はめぐみに「見下すなぁーっ!」と叫び、そのまま店を飛び出した。

 青葉銀行で竜崎剣司(田中圭)は瀬戸川と阿修羅駅前再開発事業の融資について打ち合わせ中。同じ時間に狛江と柳も青葉銀行に営業に来ていた。すると、タイミングよく岩切が銀行に入ってくる。言い合いになる岩切と竜崎。狛江が身を隠していると、行員が「宣告社の狛江様が面会を希望です」と瀬戸川とに話しかけ、それを機に岩切と竜崎は去っていた。

 帰り道、柳はめぐみの誕生日だからと花屋に立ち寄った。狛江が会社に戻ると、美月は「柳さんはめぐみさんに遊ばれている」「めぐみさんに話付けてくる」と、勝負服である「アシュラくん」のきぐるみを着て、その格好で飛び出していった。

 後を追った狛江がめぐみを呼び出そうとスナックの中に入ると、めぐみの隣には竜崎組の神野晃(般若)がいる。2人は付き合っているのだ。すると、花束を抱えた柳もやってきた。狛江は「めぐみはヤクザの女だからヤバすぎる」と制止するが、柳は神野の前でめぐみに告白し、フラれてしまう。号泣する柳は「初恋」を歌いながら歩き出し、それを見た美月はアシュラくんの着ぐるみを着たまま「胸が……苦しいよ」と嗚咽した。

123
こんな記事も読まれています

『Iターン』ムロツヨシのキャラ変に隠された意味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真