日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > OL愛でオカリナの評価が急上昇

『おっさんずラブ』に対する“マジメすぎる愛”でおかずクラブ・オカリナの評価が急上昇

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

吉本興業公式サイトより

 8月23日に公開となった映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』。公開週の週末(8月24・25日)の観客動員ランキングでは、『天気の子』、『ライオン・キング』に続いて初登場3位を記録するなど、相変わらずの人気を見せている。

 「深夜ドラマ発のBLものということを考えると、初登場3位はすごいこと。コアなファンだけでなく、その人気が一般的になっている証拠でしょうね」(映画関係者)

 そんな『おっさんずラブ』人気にともなう形で、評価を高めているのがお笑いコンビ・おかずクラブのオカリナだ。オカリナは、芸能界の中でも1、2を争う『おっさんずラブ』フリークで、同映画の番宣にも幾度となく登場している。

 「いろいろなところで『おっさんずラブ』の魅力をアピールしていた結果、映画への出演オファーもあったんですよ。でも、オカリナとしては、ファンはあくまでも見る側の人間であって、出る側になってはいけないということで、オファーを固辞。その結果、相方のゆいPが映画に出演することになりました」(同)

 そんな真摯すぎる『おっさんずラブ』愛に共感する声も多い。

「何かオタク的趣味がある芸能人でよくあるパターンは、自分の立場を利用して、好きなものに近づこうとするというものです。アイドルが好きであれば、関係者としてコンサートを見に行って記念撮影をしたりとか、アニメが好きだったなら関係者にしか配られないレアなグッズを手に入れたりとか。こういったことは一般のオタクから総スカンを食らってバッシングを受けることも多いんです。でも、オカリナは特別扱いを辞退して、あくまでも1人のファンという立場を貫いています」(オタク事情に詳しいエンタメライター)

 そんなオカリナだが、『おっさんずラブ』だけでなく、名古屋発の男性アイドルグループ・BOYS AND MENのファンとしても知られる。

「ボイメンの小林豊の大ファンで、CDを100枚くらい買ったりもしていたようです。完全なオタクです。“ファンとしてやるべきは、楽しませてもらっているかわりにお金を払うこと”と常日頃から言っていて、特にそれ以上の見返りは求めてないわけです。とはいえ、番組などに出演した際には、しっかりその魅力を伝えて、芸人としての立場を正しい形で活用している。まさにファンの鑑そのものです。こういう素晴らしいファンに愛されることは、アイドルにとって嬉しいことだし、『おっさんずラブ』にしても歓迎すべきことですね」(同)

 超優良オタクであるオカリナに応援してもらうことはとても価値あることだと言えそう。今後は、宣伝に利用すべく、オカリナに逆アプローチをかけてくるアイドルグループや映画などが登場してくるかもしれない!?

最終更新:2019/08/31 11:58

『おっさんずラブ』に対する“マジメすぎる愛”でおかずクラブ・オカリナの評価が急上昇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真