日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 田中圭、おっさんずラブ危機

田中圭、撮影現場で笑顔が消えた…過労がたたり、『おっさんずラブ』続編のキャストに影響も

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

田中圭公式インスタグラムより

 2クール継続のドラマとして始まった『あなたの番です』(日本テレビ系)も、6月30日から第2章となる「反撃編」がスタートした。

 これまでは、主に原田知世が演じる手塚菜奈を中心に物語が進んでいたが、第1章最終話で菜奈は死亡。第2章では、田中圭が演じる菜奈の夫・翔太が主人公となり、事件の真相を突き止めるために奔走する。

「『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)以降のブレークで一躍トップ俳優となった田中圭が主人公となるということで、制作サイドは視聴率アップにもかなり期待しているようです」(テレビ局関係者)

 2クールという長丁場のドラマということもあり、脚本が途中で書き換えられることもあったという『あなたの番です』。撮影スケジュールが急遽変更となることも多かったようだ。

「第2章の撮影スケジュールにも脚本変更のしわ寄せはきているようですね。出演シーンも増えている田中圭にとっては、かなり大変な撮影となっているはずです」(同)

 そんななか、田中圭に少々に異変が見られ始めているという。ある制作会社スタッフはこう話す。

「とある撮影現場で田中さんと一緒だったんですが、カメラが向けられている時はちゃんとしていますが、一旦オフになると完全に笑顔もなく、疲れ切っている様子なんです。元々すごく明るいタイプで、現場のムードメイカーのような存在だったのに、今はその欠片も見られない。ちょっと過労気味なのではないかと心配されています」

『あなたの番です』だけでなく、7月から始まるテレビ東京の『Iターン』にも出演。ほかにも、CMや雑誌など、さまざまな撮影があり、スケジュールはかなりタイトになっている。さらに、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の「ゴチになります!」のレギュラーでもあり、もちろんその撮影もあるのだ。

「8月には『劇場版 おっさんずラブ』の公開も控えていて、そのプロモーションもそろそろ始まる予定。さらに、テレビドラマ版『おっさんずラブ』の続編の制作も決定しており、もしもこのままその撮影が始まれば、まったく休む暇もないような状態です」(同)

 しかし、2019年度に放送されるというテレビドラマ版『おっさんずラブ』の続編については、いまだにキャストが発表されていない。

「田中圭さんが今のままのスケジュールで働き続けると、どこかでダウンしてしまう可能性もあるでしょう。そういった最悪の展開を避けるために、テレビ版『おっさんずラブ』続編については、メインキャストを熟考している可能性もゼロではないと思いますよ」(前出・テレビ局関係者)

 売れっ子なのはいいことだが、働きすぎの悪影響が少なくないのも事実。息の長い人気俳優になるには、ペース配分も重要なのだ。

最終更新:2019/07/01 17:59

田中圭、撮影現場で笑顔が消えた…過労がたたり、『おっさんずラブ』続編のキャストに影響ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真