日刊サイゾー トップ > 海外  > マイク・タイソンが大麻の売人に転身
売り上げは月5,000万円以上!

マイク・タイソンが大麻の売人に転身していた!! 「タイソン農園」建設計画も……

タイソンはマリファナを吸うだけではなく、それをビッグビジネスにしようとしている(タイソン農園のインスタグラムより/以下同)

 近年、北米ではカナダやカリフォルニア州など、各地でマリファナの合法化が進んでいる。世界各地からマリファナを吸うためにこれらの地に多くの人が集まり、マリファナ・ツアーも行われている。そんな中、“あの人は今”的な意外な人物が、これを大きなビジネスにしようとしていることがわかった。

 かつてのボクシング・ヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンが8月12日、自身のポッドキャストで、仲間とともに月に4万ドル(約425万円)分ものマリファナを吸っていると語った。その量は10トンほどになるという。

 さらに、カリフォルニア州にある16ヘクタール(東京ドーム3.4個分)の農園内でマリファナを栽培し、月に50万ドル(約5,300万円)分も売り上げているとも語り、「こんなことを話しているなんて信じらんねーよ。くそったれポッドキャストでマリファナを吸ってることを話すなんて」としている。

タイソン農園のマリファナは、無農薬で栽培され、手摘みされ、30日間熟成、品質検査も受けたのちに出荷されるという

 カリフォルニア州では昨年、マリファナが合法化されており、こんなふうにマリファナを吸っていることを大っぴらに話すのも可能になっている。

 タイソンは現在、「タイソン農園」をつくる計画を練っており、そこでは、マリファナ愛好家たちのための遊び場とともに、豪華なホテルやゴルフコースをつくる予定だという。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed