日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ローランド流の煽り運転解決法

ローランド、「天才なのか?」独特すぎる”煽り運転解決法”に称賛の嵐

ツイッター:ローランド(@roland_0fficial)より

 ホストでタレントのローランドのツイッターが話題となっている。

「ローランドは『現代ホスト界の帝王』と呼ばれ、現在はホストだけでなく、実業家としての顔を持っています。芸能界の交友関係も幅広く、ネット上ではローランドから発せられるその名言がたびたび話題になっています」(週刊誌記者)

 そんなローランドが5日、「カーナビをこれぐらいのスケールにしておけば、割り込まれただとか、クラクションを鳴らされただとか 正直どーでもよくなる。 もちろん経路がアバウト過ぎて目的地に着かない事も多々ある。そんな日だって地球は変わらず美しい。」と、車内のカーナビで地球全体を表示させている様子を投稿した。

 ローランドのこの投稿にツイッター上では「もはやカーナビの意味がないけど発想が好き」「天才なのか?」「思わず笑いました」といった声が多く寄せられ、ネット上の掲示板などでも「ローランドの頭のキレは政治家以上だな」「僕らのローランドさん今日もかっこいいな」「カリスマ性を感じる……」と称賛の嵐だった。

 写真のカーナビの状態ではもはや意味がないように思ってしまうが、ローランド式煽り運転解決方法には妙な説得力がある?

 

最終更新:2019/09/09 17:45
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ローランド、「天才なのか?」独特すぎる”煽り運転解決法”に称賛の嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真