日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ローランド流の煽り運転解決法

ローランド、「天才なのか?」独特すぎる”煽り運転解決法”に称賛の嵐

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ツイッター:ローランド(@roland_0fficial)より

 ホストでタレントのローランドのツイッターが話題となっている。

「ローランドは『現代ホスト界の帝王』と呼ばれ、現在はホストだけでなく、実業家としての顔を持っています。芸能界の交友関係も幅広く、ネット上ではローランドから発せられるその名言がたびたび話題になっています」(週刊誌記者)

 そんなローランドが5日、「カーナビをこれぐらいのスケールにしておけば、割り込まれただとか、クラクションを鳴らされただとか 正直どーでもよくなる。 もちろん経路がアバウト過ぎて目的地に着かない事も多々ある。そんな日だって地球は変わらず美しい。」と、車内のカーナビで地球全体を表示させている様子を投稿した。

 ローランドのこの投稿にツイッター上では「もはやカーナビの意味がないけど発想が好き」「天才なのか?」「思わず笑いました」といった声が多く寄せられ、ネット上の掲示板などでも「ローランドの頭のキレは政治家以上だな」「僕らのローランドさん今日もかっこいいな」「カリスマ性を感じる……」と称賛の嵐だった。

 写真のカーナビの状態ではもはや意味がないように思ってしまうが、ローランド式煽り運転解決方法には妙な説得力がある?

 

最終更新:2019/09/09 17:45

ローランド、「天才なのか?」独特すぎる”煽り運転解決法”に称賛の嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

お市の方は家康と婚約していた?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真